小説・書籍

小説・書籍

【感想】近藤史恵「はぶらし」

NHKテレビドラマの原作小説である、近藤史恵氏の小説「はぶらし」を読みました。 本書「はぶらし」は、2015年1月5日より「はぶらし/女友だち」として、NHK BSプレミアムで全8回が放送されるそうです。 私はBSプレミ...
小説・書籍

光文社古典新訳文庫でおもしろそうな本を探すなら、無料ガイドがオススメ

2015年12月当時に、各電子書籍ストアで光文社古典新訳文庫の半額セールが開催されていた時のお話です。 「『こうぶんしゃ こてんしんやくぶんこ』ってなーに?」という方は こんな感じの表紙イラストをご覧になると、「ああ、あ...
小説・書籍

無料のガイド本でおもしろそうな本・小説を探そう

「おもしろい本が読みたい!」 「何でもいいから活字が読みたい!」 本好きならばそんな読書欲求がムクムク湧き上がってくること、ありませんか?私はあります。でも本を読みたいのに読みたい本が決まっていなかったりすることも。そして書店や電子...
スポンサーリンク
小説・書籍

【絵本感想】ひみつのおかしだ おとうとうさぎ!

日曜日。母グマは所用でお出かけ。 残された父グマと子グマに残されたのは、ナポリタンの缶詰。 「お昼、これでよろしく~」 途方に暮れた父グマは、慣れぬ手つきで子グマのために、ナポリタンを作りました。 でけました...
小説・書籍

「本屋さん」の本を読む

前回のエントリで、入院したことを書きました。今回は入院前に購入し、院内で読了した本をご紹介。 最初に選んだ二冊が、たまたま本屋さんに関する本だったので、ついでにもう一冊購入。計3冊の、「本屋さんの本」を読みました。 早川義夫...
小説・書籍

オススメのハヤカワ国内SF小説。「ふわふわの泉」など気軽に読める5作品

SFにあまり詳しくないけど、おもしろいSF小説を読んでみたい… という方にオススメの、ハヤカワSF小説をご紹介。 ふわふわの泉 ふわふわの泉著者:野尻 抱介出版社:早川書房発行日: AmazonBoo...
小説・書籍

【感想】「ユートロニカのこちら側」小川哲(第3回ハヤカワSFコンテスト大賞受賞作)

早川書房より2015年11月25日に発売された小川哲・著の小説「ユートロニカのこちら側」を読みました。 すべての個人情報が企業によって管理されている都市「アガスティアリゾート」。そこに関わる人々を描いた、近未来SF小説です。 ...
小説・書籍

「ミステリーの書き方」で、文章のプロからテクニックを学ぶ

日本推理作家協会・著、「ミステリーの書き方」を読みました。2010年に発売されたハードカバーの文庫版です。 この書籍を買った動機はミステリーが書きたかったから…という畏れ多い動機ではなく、プロのミステリー作家がどのような方法で...
小説・書籍

スクラッチ始めるならこの一冊。「10才からはじめるプログラミング図鑑」

創元社から2015年10月20日に出版された、「10才からはじめるプログラミング図鑑 たのしくまなぶスクラッチ&Python超入門」を買いました。 息子がちょうど10歳。プログラミングに触れても良い年頃かな?と思い、書店で見か...
小説・書籍

面白すぎて一気読み必至!おすすめの長編小説9選

SF、ミステリーなど、エンタメ系中心のおもしろい長編小説をご紹介。一度読み始めるとその世界にぐいぐい引き込まれ、ページをめくる手がとまらない作品ばかりです。
スポンサーリンク