進研ゼミって意味あるの?小中と続けている子どもと、挫折した人間の違い

年頃のお子さんを持つ家庭の悩みとして、「子どもの学習・勉強方法をどうするか」といったことがあります。

  • 塾に行かせるか?
  • 通信教育を取るか?
  • 親が教えるか?
  • 自学自習にこだわるか?

それぞれ一長一短、また費用の問題などもあり、なかなか悩ましいもの。

その中で選択肢に上がってくるのが、通信教育。特に有名なものの一つが、赤ペン先生でお馴染みの「進研ゼミ チャレンジ」です。

私の息子は現在中学一年生。小学三年生の頃に「進研ゼミ 小学講座」をはじめ、現在も引き続き「進研ゼミ 中学講座」を受講しています。

ベネッセ:進研ゼミ 中学講座

小学生と中学生の期間をまたいで、かれこれ4年間ほど進研ゼミを続けていることに。今も楽しく、進研ゼミで学習を続けています。

しかしその親である私。実はかれこれ数十年前に、進研ゼミを挫折したことがあります。

果たしてその違いはどこにあるのか?

そんな進研ゼミの学習方法について、メリット・デメリットや息子へのインタビューもまじえながら、まとめてみました。

現在の学習方法と成績

進研ゼミ チャレンジの詳細の前に、現在の息子の学習方法や成績などについて、ざっくりと。

現在の成績

小学校・中学校ともごく普通の公立校に通っており、中学1年生の現在、学校の成績は上の中~上の下、といったところ。一応上位グループの中にいます。

もちろん私立のいい学校に比べると、必ずしも突出した学力を持っているわけではありませんが、今のところ頑張って上位に食い込んでいる、という感じです。

ちなみに好きな科目は社会、苦手な科目は理科だそうです。

学習方法

学校の勉強・宿題以外の学習方法は、進研ゼミの受講と、週に一回の英語教室です。塾へは行っていません。

進研ゼミには、紙のテキストで学習する「オリジナル スタイル」と、タブレットを併用する「ハイブリッド スタイル」がありますが、オリジナル スタイルで紙と鉛筆で学習をしています

タブレットを使っていないのには、特に理由はありません。続けていれば、そのうち使うかもしれません。

進研ゼミで基本5教科(国・数・英・社・理)の学習をして、試験前のみ、進研ゼミの試験対策でその他の教科の勉強をしています。

学習時間

中学に入ってからは運動部に所属しているので、それほど学習時間が取れていません。

一日の中で勉強に使う時間は、45分~1時間ほど。土日は1~2時間ぐらいです。試験前にはこれがだいたい1.5~2倍ぐらいになる感じ。

学習の内容は、学校の宿題と進研ゼミの課題のみ。今のところ、他の参考書やテキストは使っていません。

他の子の勉強方法は?

以下は参考情報です。

息子の近しい友達のうち、塾に通っている子は2人、進研ゼミだけで学習している子は2人、ということを聞きました。

また同級生の成績上位者は、割合は不明ですが、みな塾か進研ゼミのどちらかをしているようです。

進研ゼミの特徴・メリット・デメリット

それでは以下、進研ゼミの学習について、良いところ・悪いところ・その他特徴などを、実際に受講している息子に聞いてみてまとめてみました。

進研ゼミに入った時期・きっかけ

小学三年生の途中に、進研ゼミの小学講座の受講をはじめました。

ベネッセのアンケートに答えてDMが来ていたのですが、その中で進研ゼミの付録でどうしても欲しいものがあったようです。ありがちなきっかけですね(笑)。

それで試しにやってみようか、という話になり小学講座に入会。中学に入ってからも中学講座を継続しています。

良いところ

息子本人が感じている進研ゼミの良いところは、

  • 予習・復習ができること
  • 授業でわからなかった部分が、進研ゼミのテキストで理解できること

とのことです。

特に二つ目が重要。学校の先生の中には正直、授業がわかりにくい人がいるそうです。

そのわからなかった部分を、進研ゼミの説明で理解できたことが、何度もあるんだとか。

これは親としても、素直に取ってて良かった、と思える部分です。

また、一定期間内に赤ペン先生に学習成果を提出すると、プレゼントがもらえるのが嬉しい、とのことでした(笑)。わかりやすいな。

悪いところ

今のところ、特に悪い点や不満は無いそうです。今までやめたいと思ったことも無いそうです。

また「他にやりたい勉強方法はあるか?」と聞いてみましたが、今は進研ゼミの勉強方法が自分には合っている、とのことでした。

息子自身は特に不満はないようですが、一つだけ親の目から気になる点を挙げるとすれば、不要な付録が付く場合がある、ということでしょうか。

「いる・いらない」は個人の主観なのですが、あまり物を増やしたくないという人にはデメリットかもしれません。

もちろんそれらの付録を子どもが楽しめているならば、全く問題の無い話です。

進研ゼミの効果

「進研ゼミでどんな学習効果を感じているか?」との質問には、

  • 予習をして授業に臨める
  • 復習がテストに役に立つ

という答えでした。やはり学校の教科書以外でわかりやすいテキストがあり、それを学習に役立てることができる、という点が大きいようです。

実際にテキストをいくつか見せてもらいましたが、読みやすい・理解しやすいつくりだと感じました。

進研ゼミを続けたいか?

「この先も進研ゼミを続けたいか?」と聞くと、「続けたい」と答えてくれました。

中学生になって、小学生の頃とは学習の質がだいぶ変化しています。現在は安定して勉強ができていますが、二年生・三年生となるにつれ、より高度な学習になっていくでしょう。

進研ゼミは基礎学習的な部分に重きを置いていると思うので、ひょっとしたらこの先、何らかの転換点が訪れるかもしれません。

ただ現在は進研ゼミの教材で安定した学習が出来ているので、親としてもしばらくはこの状態を維持したいと考えています。

勉強以外で好きなところ

息子に「勉強以外で進研ゼミの好きなところはある?」と聞いたところ、「『MyStyle』が好き」との答えが。

MyStyleとは、

こういう付録の冊子です。この号の表紙イラストはカトウアカツキさん。プロのイラストレーターさんで、クオリティ高いです。

内容は楽しい中学生活の送り方とか、集中力アップのコツとか、連載小説とか、お笑いコーナーとか、学生たちが楽しめる内容。

これね、ホントに毎回、一生懸命読んでるんですよ。もともと文章を読むのが好き、というのはあるんですが、よっぽどおもしろいんでしょうね。生活に役立ててくれるのならば何よりです。

自学自習を続けるためには?

進研ゼミに挫折した親

息子の学習スタイルと進研ゼミについては、概ねこんな感じ。

ご飯を食べて軽くゲームをしたあとは、自分で時間を決めて机に向かい、学校の宿題と進研ゼミのテキストに向かいます。

進研ゼミって素晴らしい!

…という話にまとめたいところですが(笑)、私自身は30年以上前、進研ゼミを挫折した人間です。

教材に不満があったわけではないのですが、気づいたらなんとなくやらなくなってしまっていた、という感じ。

息子との違い

でもいま現在、息子は進研ゼミを楽しんでやっています。

その違いは何か?

自分自身のことも振り返って考えてみると、それは「学習の習慣づけ」の有無ではないかと思います。

私の親は、私に学習に関してあれやこれやと厳しく言いませんでした。成績も特別悪くはなかったので、安心していたんでしょうね。

いつしか「だらけグセ」の付いた私。学習時間も特に決まっていなかったので、進研ゼミを放置するように(別に親のせいにしてるのではないですよ)。

一方の息子は、自然と机に向かって宿題や進研ゼミをする、という学習の習慣が出来上がっています。

そのスタイルを作り上げたのは、息子本人の努力と、それに協力した妻の力が大きかったのではないか、と思います。

学習の習慣づけをサポート

進研ゼミは息子に強制したわけでもないし、ひたすら勉強をするスパルタ教育を施したわけでもありません。

ですが進研ゼミを始めてから、自然に机に向かうという習慣ができ、毎日の学習時間を持つようになりました。

これは教材がわかりやすく、自学自習に向いているスタイルである、ということと、息子が勉強する時間、妻がそれをサポートしていたから、という点があります。

勉強の間ベッタリ横につくわけではなく、近くで別の用事をする妻。わからないところがあった時に質問に答えたり、一緒に考えたりしていました。

どんなに教材が優れていたとしても、これやっときなさい、と言われてスムーズにできる子どもは少ないですよね。息子ももちろんそうです。

でも近くにいて「学習時間を共有」することにより、自然とペース・リズムを掴めるようになり、今のスタイルが出来上がってきたように思います。

ほったらかすでもなく、付きすぎるでもなく、適度な距離感で自学自習の形を作り上げてきて、進研ゼミがそこにピッタリはまった、という感じでしょうか。

学習の時間を一緒に取れない場合は、家族が揃った時に振り返りの時間を作る、みたいな形でも良いと思います。

のちの勉強が楽に

進研ゼミが一般的な小学校・中学校の授業と親和性が高い、ということもあるのでしょう。今ではすっかり、一人で勉強ができるようになりました。

教材が本人にマッチしたこと、また学習のサポートがあったこと。

両者がうまく組み合わさり、本人の中で一日の決まった時間に学習をする、という意識付けが出来たのだと思います。

そのような勉強習慣ができると、のちのちの学習が絶対に楽になるはずです。「やる」と「やらされる」のは、大きな違いです。

これから塾ではなく、進研ゼミまたはその他の通信教育を始めることを考えているという方は、いかにして自学自習のペースを作り上げるか、に重点を置くと良いかと思います。

なお小学校低学年のうちは、文章を読む習慣をつけておくと良いでしょう。文章を読むことが好きになると、自然とテキストにも向き合えるようになるでしょう。

まとめ

以上、実際に小学校・中学校と続けている子どもに聞いてみた、進研ゼミのあれこれ、でした。

進研ゼミは無料の資料請求や体験教材があるので、気になった方は公式サイトをご覧になってください。

「進研ゼミ 中学講座」詳細

「進研ゼミ 小学講座」詳細

進研ゼミに意味・効果があるか?と聞かれれば、「ある」と答えます。

ただそれは子どもまかせではなく、大事なのは家庭で学習体制を作っていくこと、と体験から考えます。

自学自習の習慣を付けておくと、子ども自身にとってのちのちの勉強が楽になるはずです。

通信教育の上手な利用と、家族のサポート。両者が合わさると子どもが楽しく勉強できる、と感じています。

コメント