ブログ運営が捗る便利なWordPressプラグイン12選

本ブログもWordpressで運営して数ヶ月。おかげさまで順調に稼働しておりますが、その裏には多くのプラグインの存在があります。

というわけでインストールして便利・役に立ったWordpressプラグインをご紹介します。なお必須プラグインというよりは、あると便利、ぐらいの感じでご覧ください。

スポンサーリンク

記事作成・更新補助系

TinyMCE Advanced

WordPressのビジュアルエディタに各種機能を追加してくれます。

上はTinyMCE Advanced導入前、下は導入後。ビジュアルエディタが一気にリッチになったのがおわかりいただけるでしょうか。

個人的に特に重宝しているのは

  • フォントサイズの変更
  • 動画URLの挿入
  • 表組み(テーブル)の作成

などの機能を良く使います。このプラグインがWordpressにデフォルトで入っていたら楽なのに、と思わずにはいられません。

Advanced Editor Tools (previously TinyMCE Advanced)
Extends and enhances the block editor (Gutenberg) and the classic editor (TinyMCE).

EWWW Image Optimizer

WordPressにアップする画像のファイルサイズを自動的に削減してくれます。モバイル環境でのネット閲覧が増加しているので、記事内にある画像のファイルサイズは小さいに越したことはありません。ユーザーが気持ちよくブログを閲覧するための、縁の下の力持ち。

EWWW Image Optimizer
Smaller Images, Faster Sites, Happier Visitors. Comprehensive image optimization that doesn't require a degree in rocket science.

Auto Post Thumbnail

これ便利~。記事の投稿時にアイキャッチ画像(サムネイル)が設定されていない時にのみ、記事内にある最初の画像からアイキャッチを自動的に生成してくれます。

Auto Featured Image (Auto Post Thumbnail)
Automatically generate the Featured Image from the first image in post or any custom post type only if Featured Image is not set manually.

WP to Twitter

記事投稿時に自動的にツイートを流してくれるプラグイン。定型文・記事タイトル・記事URLを生成してくれるので、フォロワーに素早く更新をお知らせすることができます。

なお自動ツイート用のプラグインはこの他にも「JetPack」などいろいろあるので、好みのものを探してみてください。

WordpressとTwitterを連携。記事投稿時に自動でツイートしてくれるプラグイン
WordpressとTwitterアカウントをプラグインで連携させて、ブログ更新時に自動ツイートするように設定したのでメモ。 以前利用していた「はてなブログ」ではアカウント設定で簡単にできたのですが、Wordpressではプラグインを...

AmazonJS

記事作成画面にAmazonの商品リンクを作成するボタンを追加し、素早くアソシエイトリンクを作ることができます。ブログ用のリンク作成ツールとしてはヨメレバ・カエレバが有名ですが、シンプルにAmazonのリンクだけを作りたい、という時に役立ちます。なお導入にあたってはAmazon Product Advertising APIの取得が必要です。

Amazon JS
投稿への Amazon の商品の簡単な挿入と jQuery テンプレートを使った表示カスタマイズ

ブログ構成補助系

Google XML Sitemaps

検索エンジンにサイト構造をわかりやすく伝えられるよう、ブログのインデックス最適化補助のXMLサイトマップファイルを生成してくれます。

Google XML Sitemaps
This plugin will improve SEO by helping search enginess better index your site using sitemaps.

ちなみにこのブログでは導入していませんが、「All in One SEO Pack」その他でもXMLサイトマップは生成可能です。

WordPress Popular Posts

このブログはWordpressテーマ「Simplicity」を使用しています(後述)。

Simplicityには人気記事を表示できるウィジェットが用意されているのですが、それを利用するためにこの「WordPress Popular Posts」が必要となります。もちろんSimplicity以外のテーマでも、このプラグイン単独で人気記事の表示が可能です。

WordPress Popular Posts
高度にカスタマイズ可能で、使いやすい投稿ウィジェットです。

メンテナンス系

Broken Link Checker

ブログ内に設定されている各種リンクのリンクエラーを教えてくれます。メールでの通知も可能。サイト内にリンク切れがあると、SEO的にもユーザーに対してもマイナスなので、それを防いでくれるのはありがたい。

Broken Link Checker
投稿や固定ページなどすべてのコンテンツについて、SEO 改善のためにリンク切れや消えた画像をチェックします。問題のあるリンクを発見すると通知します。

UpdraftPlus – Backup/Restore

ブログデータのバックアップ用プラグイン。手動または予約でDropbox・Googleドライブ等にバックアップデータを作ることが可能です。導入にあたっては若干ややこしい部分もあるので、詳しくはググって(ごめん)。

UpdraftPlus WordPress Backup Plugin
バックアップと復元を簡単に。手動または自動予約 (Dropbox、S3、Google ドライブ、Rackspace、FTP、SFTP、メール、その他) による完全なバックアップ。

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)

WordPressにデフォルトで入っているプラグインではありますが、便利なのでご紹介。有効化しておくとかなりの数のコメントスパムを防いでくれます。Akismetのアカウントを取得する必要がありますが、非商用ブログならば無料で使えるでしょう。

Akismet Spam Protection
The best anti-spam protection to block spam comments and spam in a contact form. The most trusted antispam solution for WordPress and WooCommerce.

その他

以下は本ブログでは有効化していませんが、便利なプラグインなのでご紹介しておきます。

All in One SEO Pack

上でも少し触れましたが、SEOに関する各種設定やXMLサイトマップの生成ができる超有名プラグイン。Simplicityとの併用は出力内容がダブるので使っていませんが、SEO設定のないテーマであれば入れておいて損はないでしょう。

All in One SEO Pack
2007年から6,500万回以上ダウンロードされた、元祖 WordPress SEO プラグイン。

Easy Watermark

ブログ内の画像を盗用されたくない時は、Easy Watermarkがアップロードした画像に自動でウォーターマークを入れてくれます。オリジナルの画像を多数使用するブログに役立ちそうです。

Easy Watermark
Allows to add watermark to images automatically on upload or manually.

使用テーマ

最後に本ブログの使用テーマをご紹介。

Simplicity
内部SEO施策済みのシンプルな無料Wordpressテーマを公開しています。初心者でも出来る限り分かりやすく使えるように作成しました。

こちら「Simplicity」のお世話になっています。かゆいところに手が届く、素晴らしいWordpressテーマです。おすすめ。

まとめ

以上、Wordpressにインストールして便利だったプラグイン集でした。また追加したり補足情報が発生したら追記します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました