【感想】写真絵本「手から、手へ」―感動した一冊

詩・池井昌樹/写真・植田正治/企画と構成・山本純司による写真絵本「手から、手へ」(集英社)を読みました。

正月に実家にて、母が購入したこの本を見せてもらったのですが、その内容に感動。

自分でも手元に置いておきたくなって手に入れた一冊です。

「手から、手へ」概要

この「手から、手へ」は、池井昌樹氏の詩と、植田正治氏の写真でつづられた、「写真絵本」。

谷川俊太郎・賢作さん親子の朗読にインスピレーションを受けた、集英社の山本純司氏(※本書出版前に集英社を退社)が企画したものです。

池井昌樹氏の詩「手から、手へ」に、植田正治氏の家族写真を織り込んで作られた一冊。

全編を通して、見開きの右に池井氏の詩、左に植田氏の写真、という体裁です。

※厳密には「絵本」ではないのですが、「あとがき」内の表現より「絵本」としてご紹介します。

親から子へ、思いを込めたメッセージ

やさしいちちと

やさしいははとのあいだにうまれた

おまえたちは

やさしい子だから

おまえたちは

不幸な生をあゆむのだろう

集英社「手から、手へ」より

出だしの一節。

「やさしいちち・はは」から産まれた「やさしい子」。

そんなおまえたちは「不幸な生をあゆむ」であろう。

いきなりの厳しい言葉に、インパクトを受けます。

険しい道を進むであろう子どもたちに対して、親は何もしてやれない。そして苦難から、そのやさしさを捨てたくなることがあるかもしれない。

子どもたちよ、そんな時は―。

生きること自体が苦しくもある世の中。それを望むと望まざるとに関わらず生きていく子と、彼らを憂う親の思い。そして子の幸せを願う祈り。

訥々と、しかし力強く語られる詩とモノクロで綴られる家族写真から、子どもに対して心の底から振り絞った、厳しくも温かいメッセージが伝わります。

今を生きる「子どもたち」への一冊

この「手から、手へ」の詩は、「親から子へ」という体裁を取っています。

しかしそれは、例えば今存在している現実の親子、といった直接的なもの以上に、これまでに在った「全ての親」から今を生きる「全ての子(人)」へ、といった意味合いを含めているように感じます。

そのメッセージは基本的に、今を生きる全ての人に向けたもの。

いま親じゃなくっても、いま子どもじゃなくっても、心に響くものがあるはず。

特に辛く、苦しい状況にある人ならば、最後に綴られる言葉と写真に、きっと心うたれるのではないでしょうか。

私は本書を読んで、私を育ててくれた親のみならず、それ以前から私につながる全ての人へ思いを馳せました。

ああ、みんなそんな気持ちを持って生きてきたのかな、と。

そして同時に望みます。未来を生きる子どもたちが、苦しい時にこのメッセージを受けとって少しでも救われたら。

2016年の新年に出会ったこの「手から、手へ」。いつまでも手元に置いておきたい、大事な一冊となりました。

●耳で聴くビジネス・リラックス・エンターテインメント。

●耳で聴くビジネス・リラックス・エンターテインメント。

小説・書籍
スポンサーリンク
ネットタイガーをフォローする
ネットタイガー

コメント