ラスポテトを食べる!屋台の味をお家で

去年の11月頃、大阪・中央区少彦名神社にて執り行われる薬のお祭り「神農祭」に行ったのですが、そこの屋台で食べた「もちもちポテト」なるものが気に入りまして。それから一年、あれは「ラスポテト」だったのではないか、と思い至りまして。

屋台では「もちもちポテト」や「くねくねポテト」なんて名前でよく見かけますね。普通にジャガイモをフライしたのではなく、マッシュポテト状のペーストをマッシャーで押しだし、油で揚げたポテトがずばりラスポテト。調べるとネットでも販売されていました。

これこれ!ラスポテトとはもともとはオランダ生まれ。正式名称は「ラス・スーパーフライポテト」で、日本での販売開始はかれこれ40年前だそうです。遊園地や高速道路の売店などでも食べれたようですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ラスポテト購入

屋台で食べたラスポテトを家庭でも楽しめる、ということで買ってみましたラスポテト。

左がラスポテトの粉末。1kg分です。右は同梱の作り方用紙。丁寧にカラーでプリントしてくれています。ありがたや。

こちらは同封のイメージ写真とラスポテトの生い立ち。この女の子見たことある!という人もいらっしゃるのでは。

ラスポテト粉末はこんな感じ。ちょっとわかりにくいのですが粉末がものすごくきめ細やか。サラッサラです。ちなみに原材料名は乾燥ポテト、ポテト澱粉、卵白粉、食塩、増粘多糖類、乳化剤、安定剤(ピロリン酸Na)、保存料(亜硫酸Na)です。

ラスポテトの作り方

では早速ラスポテトを作っていきましょう。初めてなので二人分、手順の通りに作ります。材料はラスポテト100g、水200CC、油、食塩。水は冷水を使うそうです。

ボウルに入れた水にラスポテト粉末を入れ、良くねります。あっというまに固まります。

固まったら3つぐらいに分けてマッシャーにて押し出す、と説明書にはあるのですが。

マッシャーってこんなやつ。欲しいけど、買っても我が家では今のとこ他の使いみちがないので、今回は別の方法でラスポテトを成形します。

100均で買ってきた「クリームしぼり袋」でラスポテトを押し出すことに。ところがペーストが存外固い…!二、三本ひねり出したところでギブアップ。

平たく伸ばして包丁で細く切ることにしました。この作り方でも全然OKなようです。

180℃の油で約二分揚げます。ラスポテトはあまり動かさない方が良いとのこと。

我が家では少なめの油で調理したので、揚がってきたら裏返し。いい色になってまいりました。

こんがり色づいたらラスポテトのできあがり!写真は100g全部揚げたもの。これで約二人前。ケンタッキーフライドチキンのSサイズポテト3~4個分ぐらいはあるでしょうか?左上のリングはご愛嬌。

別角度からアップで。こんがりキツネ色に揚がったラスポテト、いい感じです。

ラスポテト実食&感想

ではアツアツの内にラスポテトを食べてみましょう。普通の食塩以外に、カレー塩、ケチャップ、岩塩を用意しました。ラスカル、かわいいよラスカル。ではいただきます。

ウマイ!

これはおいしい!屋台で食べた「もちもちポテト」や「くねくねポテト」の味まんまでした。外側サックリ、中はホクホクのモチモチ。そしてもともとがきめ細やかな粉末なので、口の中で軽くほどける感じ。軽く味もついているので、何もつけなくてもイケる。用意した塩の中ではカレー塩が気に入りました。今回は用意しませんでしたが、チリソースやスイートチリソースにつけても合いそうな味です。

いやー、それにしてもラスポテト、揚げたてはやっぱりウマイ。口の中にパクパクほりこんでしまいます。マッシャーを使っていないので硬さ・食感にやや不安がありましたが、包丁のカットでまったく問題無しです。味もオヤツ・おかず・お酒のアテなどオールマイティーにいけるのでは。

まとめ

以上、屋台のあの味・ラスポテトを作って食べてみたよ、というお話でした。水と混ぜて練って油で揚げるだけなのでお手軽簡単。形も好きなように成形できるので、型抜きなどを用意して家族で作ると楽しいのではないでしょうか。

そして量について。今回購入したラスポテトは送料別・1kg:2480円のもの。楽天では2kg:3,980円で送料無料のものも売っていてお得。1kgを買うか2kgを買うか、私も最後まで迷いましたが…。

1kgでも結構量が多かったですw。家族の数が多かったり、イベントで使いたい、という場合でなければ、まずは1kgからラスポテトをお試しになることをオススメします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする