卵アレルギーのための備忘録。卵成分がはいっている意外な食べ物

息子が卵アレルギーを持っています。

小学校高学年となった今、検査数値的にはほぼ正常。ですがこれまで卵アレルギーである人間が身内にいなかったので、診断された時には夫婦でとてもとまどいました。

そして注意するべきは食事の準備。「あきらかに卵を使った料理」、例えばオムライスとか玉子焼き・目玉焼きなどは、作らなければいいだけです。

困ったのは「卵料理」には分類されない、出来合いのもの・加工品で卵黄や卵白の入っている食べ物。買い物する時に必ず原材料をチェックしながらカゴに入れていました。

そんな食べ物の中には、「え!こんな食べ物にも卵成分が入ってるの?」というものがいくつかありました。

というわけで、これまでに得た「卵成分の入っている意外な食べ物」について、備忘録がてら知見を残しておきたいと思います。なお、ここに挙げた食品でも卵成分が入っている場合入っていない場合がありますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

卵成分の入っている意外な食べ物

ハム・ソーセージ・ベーコンなど加熱食肉製品

「卵たん白」が入っている場合があります。私はこれらに卵成分が入っていることが一番驚きでした。

ハムやソーセージは、手作りしたことがなければ絶対に気にしないですよね。特に手作り品の方が、大手メーカーの大量生産品よりも成分が強いと思われますので、要注意。

ちくわ(竹輪)

ちくわも製法によっては、卵が入っています。

ちくわって料理に使う意外にも、子どもがそのままおやつで食べたりするイメージがありますが、幼少期の食事にちくわが使えなかったのはちょっと残念でした。現在は耐性がついたのか、パクパク食べてます(笑)。

ラーメン・焼きそばなど麺類(卵麺)

これは近年多いと思うのですが、麺の中に卵を練り込んだ「卵麺」を使っているラーメン屋さん・焼きそば店が、結構あります。

麺類を扱ったお店で食事を取るときは、卵麺を使っているかどうか確認すると良いかと。麺の色が黄身がかっている場合は要注意です。

パン(一部)

パンと卵は普通は関係ありませんが、気をつけたいのは「表面がてかっているパン」。艶を出すために卵黄を塗っている場合があります。パイなども注意が必要です。

ごまドレッシング

市販品の「ごまドレ」にも卵黄が入っている場合があります。普段卵が入っているなんて全然意識しないんですけどね。

フライもの(コロッケ・トンカツ・海老フライなど)

これはご存じの方も多いとは思いますが念のため。つなぎに卵を使いますね。ご家庭で作るときはネットに卵なしのレシピがいっぱい上がっていると思います。

洋菓子(ケーキ・プリン・アイスクリームなど)

洋菓子系はほぼ全滅ですねw。やっぱりおいしさを出すためには卵が必要なようです。

というより卵アレルギーを気にするようになってから、洋菓子のおいしさをタマゴが形作っていることに改めて気付かされました。

というわけで息子はすっかり和菓子派です(和菓子も成分は確認しましょうね)。

まとめ

以上、「卵成分が入っている意外な食べ物」を挙げてみました。

卵ってタマゴそのものを使った料理以外にも、加工品にかなりの頻度で使われているんですよね。やっぱり便利で、おいしさに深みが出る食べ物ですから。

ただ最近は食品のパッケージは言うに及ばず、レストランや菓子店のショーケースなどにもちゃんとアレルギー成分の表示があって、本当に助かります。ネットでも確認できますしね。

卵を使わない食事を用意することはとても大変なことですが、同じような環境にいらっしゃる方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

フォローする