梅田 蔦屋書店オープン+大阪梅田周辺の大型書店など

5/8(金)に大阪梅田に蔦屋書店がオープンしました。

梅田 蔦屋書店 – 新しいワークスタイルを発見できる場

三越伊勢丹撤退後に「ルクア1100(イーレ)」としてリニューアルオープンしたのが4/8ですが、蔦屋書店の開業を持って完全オープンだそうです。

というわけで、本日その「梅田 蔦屋書店」をのぞいてまいりました。

なお私は代官山店などの既存の蔦屋書店に行ったことはありませんので、そういう前提でご覧いただければ。

梅田 蔦屋書店に入店

こちらです。オープン初日とあってたくさんの方が来店されていました。

本日のオープンは10時からですが、明日からは7時~23時までの営業とのこと。「7時」てえらい早いな。

エスカレーターで9Fに上がると、店内ほぼ中央に位置するスタバの香りが。そしてソファ席でコーヒーを飲みながらリラックスする人々。

おぅ、これは自分が思っていた「本屋さん」とはちょっと違うね…。

そして中央部をグルッと囲むように書架が並びます。お客さんは円周形の店内をグルグル回って本を探す感じ。

多くの店員さんが動いていましたが、「書店員」というよりは「コンシェルジュ」的な雰囲気(実際にそう呼ぶようで)。

そして店内の随所におもしろいコーナー・特徴がありました。

  • ドローンを展示
  • Apple製品の展示
  • Microsoft Surfaceの展示(イベント?)
  • ソフトバンクのロボット「ペッパー」がいた
  • ATM設置
  • 貸し会議室有り
  • 靴磨き専門店がある
  • スタバ以外にも飲食スペース「Le Garage」が隣接
  • 座って読めるスペースが豊富

などなど。

梅田 蔦屋書店のWebサイトから言葉を借りると、「あらゆるカルチャーがシームレスに繋がって」「さまざまなライフスタイルをご提案」「Book&Cafeの中央に公園を配した」とのこと。

確かに既存の書店イメージに囚われない、新しい文化の発信・提案をするスペース、大人がゆったりカルチャーを楽しむ空間、のような印象を受けました。

反面、もうちょっとなー、と思うことも。

  • 照明が暗くて本の背表紙が良く見えない
  • 書籍検索用のiPadは荷物があると操作しにくいので、スタンドを付けてほしい

など。

個人的理由で申し訳ないのですが、最近視力がとんと落ちてしまったので、本棚は見やすい方がありがたいな、と。

円周形に並んだ書架も、もう一つ本の存在が脳内に入ってこないのですが、慣れの問題でしょうか。

いずれにしても従来の「書店」とは大分異なる、というか別のものという印象を受けました。

純粋に読みたい本を探すために利用するのではなく、この「蔦屋書店の空気そのものを楽しむ」と、この梅田 蔦屋書店を最大限活用できる気がします。

大阪・梅田の既存大型書店もご紹介

梅田 蔦屋書店の開業以前にも、大阪・梅田近辺には多数の書店があります。この機会にかこつけて、他の大型書店もこのエントリーでご紹介。

なお私はJR大阪駅、JR北新地駅の利用が多いので、普段はグランフロント近辺の書店か、ジュンク堂梅田本店にお世話になっています。

紀伊國屋書店 梅田本店

最寄り駅は阪急梅田駅。阪急沿線を利用している方には馴染み深い大型書店。駅近なのでいつも活気があります。

以前はとても雑然としていた店内ですが、リニューアル(2010年?)を機に、すっきり使いやすくなりました。

大型書店とは言いつつもワンフロアのみの営業なので、決して痒いところに手が届く品揃えではありませんが、駅近の書店としては充分すぎる大きさ。

利用客のニーズに答えた営業をされている印象です。

梅田本店 | 本の「今」がわかる 紀伊國屋書店

MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店

こちらも最寄り駅は阪急梅田駅。とはいえ茶屋町方面なので少し歩きます。フロアは全8階(B1~7F)。

ここはとにかく大きい!広い!本の数が半端ない!

個人的に一番好きな雰囲気です。ゆーっくり、フロアをいったりきたりするだけで、軽く一日を過ごせます。

もちろん書籍もメジャー・流行りのものから専門書まで網羅。特にB1のコミックコーナーは圧巻。試し読みも多く、豊富な品ぞろえで書架をめぐるだけで楽しくなること請け合い。

難点はやっぱり、駅から少し遠いことなんですよね…。私も生活圏内ではないのでなかなか訪れることができませんが、是非頑張って欲しい書店。

MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店 |実店舗詳細 |丸善&ジュンク堂ネットストア

紀伊國屋書店 グランフロント大阪店

グランフロント南館6Fに店舗を構える、紀伊國屋書店のグランフロント大阪店。最寄り駅はJR大阪駅・大阪市営地下鉄御堂筋線 うめだ駅。最近家族で利用することが増えました。

ワンフロアでの営業ですが、広々、歩き回りやすいスペースでとても良い雰囲気。特にJR大阪駅側の閲覧スペースは見晴らし抜群。眼下のイベントも見降ろせます。

マニアックさを求めると若干物足りない品揃えですが、必要充分以上の書籍数だと思います。

ちょっと「おっ」と思わせる、ユニークなフェアが多い印象。この前はレトルトカレー売ってましたw。

スタバと文房具店「銀座伊東屋」が隣接しています。検索端末がもう少し増えると嬉しい感じ。

グランフロント大阪店 | 本の「今」がわかる 紀伊國屋書店

ジュンク堂書店 大阪本店

最寄り駅はJR北新地駅。「堂島アバンザ」ビル内に店舗を構えるジュンク堂 大阪本店。私が大阪で利用する回数が一番多い大型書店です。

フロアは1F~3F。1Fのコミックフロアは品揃え抜群。

フロアは2F・3Fに変更。コミックコーナーは2Fの一角に移動。

近年レイアウトが変わってますます使いやすくなり、大変お世話になっております。

またIT関連その他専門書籍も充実。静か~にゆったり歩き回れる3Fの雰囲気が特に好き。通路の両端に並び立つ書架群を目の前にすると、目の前がくらっ~となります、嬉しさで。

書籍検索端末を数を増やして、もう少し使いやすい位置に置いてくれるとありがたい。

ジュンク堂書店 大阪本店 |実店舗詳細 |丸善&ジュンク堂ネットストア

その他書店など

大型書店ではありませんが、大阪・梅田近辺のその他書店も少しご紹介します。

三省堂書店 ルクア大阪店(※2015年6月30日閉店)

今回オープンした梅田 蔦屋書店より以前にルクアで開業してい中型書店。ルクアの9Fで営業。小振りながらも、ルクアらしいからっと明るい雰囲気です。

蔦屋書店のオープンで苦しくなると思いきや、コンセプトが異なるので意外と競合しなかったり?隣接するスタバに本の持ち込みOKです。

【追記】
2015年6月30日をもって営業が終了したようです。

ルクア大阪店閉店のご案内

蔦屋書店、というよりはグランフロントの紀伊國屋開店の方が厳しかったんじゃないだろうか、と勝手に推測。

大型商業施設に入りながら、4年あまりで閉店とは厳しいですね。さびしいものです

ヨドバシカメラ梅田店(B2F)

ヨドバシカメラ梅田店のコミックコーナー。こちらはコミック専門ですが、バカに出来ない品揃え。

人気作品以外にもマニアックな本を陳列。探していたけど見つからなかったあの本に出会えるやもしれません。

ヨドバシカメラ 梅田店

まとめ

以上、「梅田 蔦屋書店オープン+大阪梅田周辺の大型書店」でした。

私は書店は、大型でも中型でも街の本屋さんでもなんでも好きなのですが、特に「大型書店」には半端無く魅力を感じます。

広い店内、書架の森をうろうろするだけで、その圧倒的な本の数、存在感に打ちのめされる。

そして本の匂いをかぎ、目当ての本を見つけ、知らなかった本に出会う時、無上の喜びを感じます。

電子書籍も利用しますが、そこでは得られないワクワク感が、大型書店には確かに存在します。

そんな大型書店が生活圏内に多数存在しているというのは、本当に嬉しいことです。

一昔前は梅田の大型書店といえば、「紀伊國屋 梅田本店」「旭屋書店 本店」「ジュンク堂書店 大阪本店」でした。

しかし旭屋書店 本店は現在閉店。また気に入っていた「ブックファースト梅田店」も閉店してしまって、大分様変わりしました。

今回の梅田 蔦屋書店のオープンを受けて、また数年後には勢力図が変わってしまうのでしょうか。大型書店好きとしては気になるところです。

※三省堂書店が早速閉店してしまいました…。

●耳で聴くビジネス・リラックス・エンターテインメント。

●耳で聴くビジネス・リラックス・エンターテインメント。

小説・書籍
スポンサーリンク
ネットタイガーをフォローする
ネットタイガー

コメント