【旅行記録】門司~下関に行ってきました。【観光編】

先日のエントリーで少し触れたのですが、家族で福岡・門司~山口・下関に一泊二日で行ってまいりました。私と妻は人生二度目ですが、息子を連れては初めて。天気も良く、楽しい旅になりました。基本的に門司・下関周辺でのみ観光をしたのでそんなに遠出はしていませんが、旅行の記録など。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

一日目・新大阪より出発

新大阪より新幹線・のぞみ号で。いくつになっても新幹線の旅はワクワクします。本当は駅弁も食べたかったのだけれど、お昼を向こうで食べるので妻より禁止令が下りました。

門司港に到着

はるばる来たぜ九州!JR小倉駅より在来線で門司港駅へ。この駅、レトロな感じが良いのです。新大阪からは3時間かからないぐらいでした。

門司港レトロ

門司港駅より歩いてすぐ。「門司港レトロ」。バナナマンがお出迎え。土産物屋や飲食店が軒を連ねます。写真右の建物が「門司港レトロハイマート」。この31階に展望室があります。

門司港レトロハイマート(門司港レトロ展望室)

というわけでそのレトロハイマートにある「門司港レトロ展望室」より撮影。門司の町並み・関門海峡、そして対岸の下関まで良く見えます。気持ちいい!

門司港レトロ観光列車 トロッコ【潮風号】/北九州銀行レトロライン

お次は関門海峡を目指すために門司港レトロ観光列車に乗ります。このトロッコ列車は以前に来た時はなかったので、楽しみにしてました。門司港近辺より関門海峡までゆ~っくり連れて行ってくれます。私たちは「出光美術館駅」より乗車。トンネルに入ると車内がライトアップ。風情のある列車でした。

関門海峡

トロッコ列車の終点「関門海峡めかり駅」を下車、歩いて関門海峡を目指します。端近辺の海、小さな漁船から巨大なタンカーまで、船がひっきりなしに通過します。

関門トンネル人道入口に到着。ここから歩いて九州→本州を目指します。入場無料。地下60mほどまでエレベーターでおりて、約780mを15分ほどかけて歩きます。

地下に到着。ここから下関へ。この上に海があるなんて不思議で胸熱。閉所恐怖症の人にはあまり向かないトンネルです。

しかしここでトラブル発生!息子、食い過ぎで腹痛に。歩けないので私がおぶってトンネルを渡ることに。トホホ。

海底の境界。福岡と山口の県境です。このトンネルは人生で二回歩きましたが、「海の下を歩く」という感覚、何度味わっても特別なものがあります。また機会があれば来てみたい。しかし約30kgを担いでのトンネル横断は辛かった…。息子はその後、胃薬を飲んで回復しました。

本当はこのあと、周辺の砲台や火の山公園まで足を伸ばしたかったのですが、今回は断念。また次に来た時の楽しみにとっておきましょう。

下関

宿泊は下関で。ちょっと時間が飛びますが日もとっぷり暮れて夜。港周辺がキレイにライトアップ。

はい!からっと横丁

夜、「はい!からっと横丁」へ。これも10年前はなかったな~。ミニ遊園地みたいな感じ。観覧車・ジェットコースター・メリーゴーランドやゲームコーナーがあります。息子が喜んでました。

虹色に輝く観覧車。結構大きいです。乗ってみました。

観覧車より関門橋を撮影。雰囲気あっていいっすね。カップルにおすすめです。このあとホテルへ帰って就寝。

二日目・下関(唐戸)

朝。日の出に輝く関門橋。キレイでした!この日も天気が良くてよかった。

唐戸近辺より「あるかぽーと東防波堤灯台」。海がキラキラ輝いて美しい。

海響館

そして唐戸にある水族館・海響館へ。こちらも二度目の来館。水族館、どんだけ好きやねん。

この海響館、関門海峡を正面に見据えた水槽や、

ペンギンたち、

イルカショーなど見どころ盛りだくさん。スナメリもいます。キレイで雰囲気の良い水族館ですよ。

唐戸市場

お昼は唐戸市場で。主に金・土・日のお昼前後、こちらでお寿司や海鮮丼が食べれます。

巌流島

巌流島。武蔵VS小次郎、はたまたアントニオ猪木VSマサ斎藤、決戦の地。前回来た時は大河ドラマ人気真っ盛りだったので避けたのですが、今回はスムーズに行けました。巌流島の土を踏めた、ということが何より嬉しい。

そして帰途へ

その後巌流島から再び門司港へ。門司港レトロでおみやげを物色した後、再び新幹線で帰途につきました。少しトラブルもありましたが、とても楽しい旅行となりました。天候に恵まれて本当に良かった。そしておすすめは何と言っても関門海峡。本州と九州を歩いて渡れることに、私は何とも言えない感動を味わうのです。

さてご覧いただいてお気づきの通り、食事の写真がひとつもありません。それは次回のエントリーにて。「【旅行記録】門司~下関に行ってきました。【食べ物編】」をお楽しみに!

なおお得に国内旅行がしたい、という方は旅行サイトなどをチェックすると掘り出し物の旅行プランが見つかる場合があります。費用を少しでも浮かせて、その分をおいしい食べ物に回したいですよね。

【追記】 書きました!

【旅行記録】門司~下関に行ってきました。【食べ物編】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする