ブログ初心者におすすめなのはどっち?WordPressと無料ブログを比較する

このブログも開設から3年半ほどが経ちました。なんとなく「ブログでも書いてみっか」と思ってはじめましたが、何とかダラダラと続いています。

そんなブログ「ネットタイガー」。これまでに下記のような変遷をたどってきました。

  1. 無料ブログで開設(はてなブログ+はてなドメイン)
  2. はてなブログで独自ドメイン化(はてなブログPRO)
  3. 独自ドメインでレンタルサーバーへ移行 ←今ココ

このような経緯をたどったのはその時々でいろいろ理由があるのですがそれはおいといて、振り返っていつも思うのです。

「ブログを始める時って、無料ブログとWordpress(レンタルサーバー)、どちらの方がよかったのだろう?」

そこで本記事では「これからブログをはじめて見ようかな」というブログ初心者の方のために、私のこれまでの経験から無料ブログとWordpress(+レンサバ)、それぞれのメリット・デメリットをお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

本記事の対象

ブログ初心者といっても、ブログをはじめる目的によってスタートが異なります。ブログをビジネスツールとして使いたい、趣味・特技の内容を記録したい、まったりと徒然を書き綴りたい、などなど。

私の場合は

  • ブログをはじめてみたい(ブログをすること自体が目的の一つ)
  • 基本的には雑記
  • 強いて言えば本の感想を書きたい
  • おこづかいもちょっとあれば嬉しい

といった感じのブログスタート。なので「雑記+おこづかい」でブログをはじめたい、という方を意識して以下、無料ブログ・Wordpress(レンタルサーバ)それぞれのメリット・デメリットを書きます。

無料ブログ

無料ブログの例としては「はてなブログ」「ライブドアブログ(livedoor Blog) 」「アメーバブログ(アメブロ)」などがあります。これ以外にもたくさんのサービスがあります。以下は私がはてなブログでブログを運営していた時の経験を元にしていますが、どのブログサービスも概ね同じような内容だと思います。より詳しい内容は各サービスの詳細をご確認ください。

メリット

・無料である

当たり前ですが「無料」です。多くのサービスではメールアドレスさえ持っていれば、登録後すぐに利用できます。ただし無料プランの場合はブログサービスの広告が入る場合が多いです。広告を外したい場合は有料プランへの変更が必要です。

・横のつながり

多くのブログサービスでは読者登録システムを用意しています。これはレンタルサーバには無い強み。同じサービスのユーザー同志、横のつながりができるので、自分の書いた記事を読んでもらいやすくなります。

・ブログポータルに取り上げられることも

時には書いた記事がブログサービスのポータルに取り上げられることがあるかもしれません。そうするとより多くの人の目に触れ、自ブログへのアクセスが増えます。

・アクセスが急増しても安心

何かのきっかけでブログへのアクセスが急増することがあります。そんな時に低額のレンタルサーバではデータ転送量の関係でアクセス制限がかかったり、転送量の多いプランへの変更をも求められることも(※レンサバによります)。しかし大手のブログサービスは常時膨大な数のアクセスを処理しているので安心。ユーザーが心配することは何もありません。

・運営のサポートがある

例えば別のユーザーとのトラブルなどについて、運営に相談することができます。運営から当該ユーザーへ注意をしたり、アカウント停止などの処置が取られることも。「サービスの管理者がいる」という安心感があります。

デメリット

・カスタマイズ性の低さ

無料ブログユーザーがWordpressに移行する理由の一つによく挙げられます。やりたいことが自由にできないというカスタマイズ性の低さ。まあこれは運営が不特定多数にサービスを提供していることを考えれば致し方ない部分もあります。

・アカウント停止の可能性

無料ブログでは当然そのサービスの規約に従う必要があります。これに違反するとアカウント停止、最悪の場合は削除の憂き目にあうことも。規約を守っていれば何の問題もないのですが、「自分のブログ(データ)を第三者に預けている」ということに留意しておいた方が良いです。

※レンサバだったら何をやっても良い、というわけではありません。

・サービスが無くなる可能性も

レアケースであるとは思いますが、ブログサービス自体が無くなってしまう可能性もゼロではありません。独自ドメインではなくブログサービスのドメイン(例:○○○.hatena.jp)を使っていると、データは移行できても検索エンジンに蓄積されたデータを引き継ぎ出来ない場合も。なおここでは深く掘り下げませんが、無料ブログでも早い段階での独自ドメインでの運用がおすすめです。

レンタルサーバ+Wordpress

レンタルサーバで自分でWordpressをインストールしてブログを更新する時のメリット・デメリットです。なおブログ用のプログラムはWordpress以外にもMovableTypeなど多数ありますが、Wordpressが現在はポピュラーなのでその前提で。

メリット

・自由度の高さ

デザインやプラグインなど、無料・有料含めて多彩な選択肢がWordpressには用意されています。無料ブログではできなかったあんなこと・こんなことが自由自在にできます。また無料ブログで横のつながりができると少し書きにくいこともあったりするのですが、レンタルサーバならば自分ひとりのものなので、精神的に自由に好きなことを書けます。これ結構大事。

※ネットへの発信についてはそれなりに注意が必要です。またレンタルサーバにも利用規約はありますので、そこを逸脱しないように。

・カスタマイズの楽しみ

上とも関連しますが、プラグインやオリジナルデザインによるカスタマイズそれ自体がとても楽しいです。少し知識は要求されますが、自作のプラグインやデザインも可能。また独自のプログラムを追加することもできます。

・独自ドメインの恩恵

独自ドメインの利用は必須ではありませんが、レンタルサーバではほぼ独自ドメインでの運営になると考えて良いでしょう。独自ドメインの下で記事を増やすことで検索エンジンにもアピールできます。また自分で設定した独自ドメインを使い続けることによりブログに愛着がわき、更新により力が入ります。

※無料ブログでも有料プランに移行すれば独自ドメインを設定できます。

デメリット

・運営費

やはり気になるのは運営費。「Wordpressがインストールできるレンタルサーバ」ですと一月数百円~1000円前後の費用となることが多いです。また独自ドメインの更新費用も1年につき1200円前後必要。ただしある程度アクセスが増えてきた状態(月間10,000PV程度)で広告を利用すれば、トントンぐらいには持っていけます。

なおWordpressを無料で使えるサービスもありますが、その場合は自動で広告が入ったり、転送量に制限があったり、というケースが多いです。

・孤独

ゼロからレンタルサーバ+Wordpressでブログ運営をはじめた場合、最初はアクセスがほとんど無いと考えた方がいいでしょう…。私ははてなブログで運営をはじめましたが読者登録が増えてぽつぽつアクセスが増えた感じ。レンサバではそれは期待できないので、検索エンジンにインデックスされるのを待つか、SNSなどに積極的に更新情報を流すか。いずれにしても無料ブログよりはアクセスアップに気をはらう必要があります。

・自己責任

アップする内容やブログ運営に関連したトラブルについて、基本的には自分で解決する必要があります。またWordpressおよびプラグインの不具合等によってブログに問題が起こった場合も同様。バックアップの管理等も重要です。

無料ブログの有料プラン

変な言い方ですが(笑)。オマケ程度ですが、独自ドメインを使うためにブログサービスの有料プランを使った場合。

設定さえ済ませてしまえば、あとはブログサービスのシステムをそのまま利用できます。またアクセスの増加についても先述の通り心配がいりません。

またブログサービスが運営を終える場合も、独自ドメイン・記事データをレンタルサーバにを移行すれば、検索エンジンの評価を落とすこと無くブログ運営ができます。

ただしそのためには多少の知識・手間は必要になってきます。またブログサービスのデータがWordpressに移行可能かどうかは前もって調べておくと良いでしょう。

結論

以上、無料ブログとWordpress、それぞれのメリット・デメリットを紹介しました。それを踏まえて私個人のオススメとしては…

ブログを続けられるか自信がなかったり、書く内容が固まっていないという方は、まずは無料ブログでの運営が良いかと。しばらく続けてみて自信がついたらWordpressへの移行もありです。Wordpressが難しそう、という場合はもちろんブログサービスをそのまま使い続けても問題ありません。ただし移行は記事数が少ないうちが吉であることは念頭においてください。私もかつてはてなブログからレンサバへ移行した口。その時の様子は下記記事にまとめていますのでよろしければご参照ください。

はてなブログからWordpressへ移行!手順・方法まとめ
このブログ「ネットタイガー」を3年ちょっと「はてなブログ」で運営していましたが、2016年11月にレンタルサーバー+Wordpressへ移行...

ある程度ブログにアップする記事・ジャンルに自信のある方は、最初からレンタルサーバ+Wordpressでの運用がオススメです。無料ブログやブログサービスの有料プランでもいいのですが、慣れてくると遅かれ早かれWordpressへの移行を考える時期がやってきます。記事数が増えてからの移行はそれなりに手間がかかりますので、それならばはじめから独自ドメインを取得してレンタルサーバにWordpressを設定しての運営が良いでしょう。

その他、余力があれば無料ブログとWordpressを並行して、というのもアリです。

オススメのレンタルサーバ

レンタルサーバでWordpressを使ってみようかな、という方のためにオススメのレンタルサーバなどご紹介しておきます。

私はエックスサーバでこのブログを運用しているので、やはり一番はこれで。

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

安定感、コントロールパネルの使いやすさ、ドメイン設定のしやすさ、Wordpressの簡単インストール、ヘルプ・サポートの充実など何の不満もありません。オススメです。

レンタルサーバはWordpress目的でしか使わないんだ!という方は、同じくエックスサーバ系列でWordpressに特化した「Wpx」もあります。

wpXレンタルサーバー

WordPressの運用に特化したサービスということでより高速なパフォーマンスが期待できます。

もう少しライトに運用したい、という方はやはりロリポップがオススメの筆頭でしょうか。

ロリポップ!

エコノミー・ライトプランよりはスタンダードプランの方がより安心。6・12・24・36ヶ月契約ならば1ヶ月あたりほぼ1コインで運用可能。お試しにも最適です。

というわけでブログ初心者の方向け、無料ブログとWordpressのメリット・デメリット比較でした。ご参考になれば幸いです。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする