「茅乃舎 だしとつゆ 辛鍋」でうま辛ヒーハー鍋

少し前に「茅乃舎 だしとつゆ おでん」でおでんを作りました。めっぽううまかったです。

出汁(だし)の香りが素晴らしい「久原本家 茅乃舎 だしとつゆ おでん」を使って、おでんを作ってみました。調理手順と実食の感想をご紹介しています。

おでんを食べたあと、妻と二人で「今度はこれを食べてみよう」と誓ったものがあります。同じく「久原本家 茅乃舎(かやのや)」から発売されている「だしとつゆ 辛鍋」です。

茅乃舎 だしとつゆ 辛鍋

こちら。「鍋用のだし」と「専用つゆ」が別々になっている本格タイプ。1人前2回分入りです。

本来ですと子どもがいるので辛い鍋はしないのですが、この日は学校行事で子どもがいない!なので辛い食べ物食べ放題!ヒャッハー!では作りましょう食べましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

久原本家 茅乃舎 だしとつゆ 辛鍋

dsc06910

パッケージ裏面。国産の片口鰯・干し椎茸を細かくくだいた「煮干しだし」に、コチュジャンと唐辛子を合わせた「辛味噌鍋つゆ」を組み合わせているそうです。

おでんは1パック3~4人前でしたが、こちらは1人前✕2回分。一人鍋でもOKです。

dsc06911

写真のように煮干しだしと辛味噌鍋つゆが2パックずつ入っています。

辛鍋つくります

dsc06913

それでは作っていきましょう。鍋に300ml✕2の水と煮干しだし2パックを入れ、沸騰させます。

沸騰させたら2~3分後にだしパックを取り出します。写真は出汁が出きったところ。出汁のいい香りがプンプン鼻腔を刺激します。

dsc06916

この間に辛味噌鍋つゆを準備。パックからつゆを出し、お鍋のだしと合わせておきます。辛味を感じさせるきれいな赤。

dsc06914

お鍋には火の通りにくい野菜を投入。玉ねぎ、人参、白菜の芯など。じゃがいもも入れるのですが、こちらはレンチンで。

dsc06917

ある程度煮たら辛味噌鍋つゆを加え、長ネギ・豆腐・豚肉・油揚げ・もやしなどを投入。すべての具材に火が通ったら完成!いいにおい。

いただきます

dsc06919

間髪いれずにいただきます。せっかくなのでスープだけお味見。

…おぅ、さすが茅乃舎。コクと深みのあるだしが口いっぱいに広がります。

そして遅れてくること数秒、辛味キタ!なかなか辛いですね!でも嫌な辛さではありません。だしや野菜の甘味と相まって、旨味を感じる辛さです。おいしい!

dsc06920

器に辛鍋を盛り付けます。じゃがいもに豆腐に豚肉に玉ねぎに…。仕上げは刻みネギをふりかけて。食べます。

…ウマイね!辛い鍋にはやっぱり淡白な豚肉が合いまくリング!肉の味がスープの旨味を邪魔しないのがイイ。

そして野菜。どの食材もそれぞれの食感げ個性を発揮。もやしシャキシャキ、白菜シャクシャク、じゃがいもホクホク。

そして何より辛鍋のスープ。まわりを活かしつつも自身の存在を主張できるこのバランス!すばらしい。

dsc06922

今回も用意しました麺。辛鍋に合いそうな細めの生ラーメンです。鍋に入れるのではなく、スープに付けて食べるつけ麺形式。歯ごたえのある麺に辛めのスープが絡まってこれまたイケる。おいしかったです。

まとめ

以上、久原本家の「茅乃舎 だしとつゆ 辛鍋」で辛いお鍋をいただきました。このお鍋、辛味が絶妙です。辛すぎず、辛くなさすぎず。辛いのが苦手な方でもご飯と一緒だといけるんじゃないでしょうか。

それにしても茅乃舎のだしとつゆシリーズはいいですね。最近は市販のお鍋出汁もかなりおいしくなってきてますが、さすがにそれを1ランクも2ランクもしのぐコクと深み、そして高級感があります。いよいよ寒さが本格的になってくるので、フーフー辛鍋をつつきながら小汗をかいてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする