南米で人気の炭酸飲料「ガラナ」と「インカコーラ」を味わう

カルディでセールをしていたので「インカコーラ」と「ガラナ」を買ってきました。インカコーラはペルーで、ガラナはブラジルで、それぞれ南米の国で人気のある炭酸ジュースです。

f:id:naox21:20161026173655j:plain

右のゴールドの缶、インカコーラは別名「ゴールデンコーラ」。缶にも「the Golden kola」と書かれています。「cola」じゃないんですね。缶記載の説明によると「黄金文明の国『インカ帝国』にちなんで作られた黄色いコーラ」。私たちの常識を超えた『ゴールデンコーラ』は、アメリカでも大人気。よく冷やしてお飲みください。」とのこと。

インカ・コーラ – Wikipedia

ペルーではコカ・コラをおさえて国内シェアナンバー1なんだとか。Wikiに掲載のインカ・コーラはペルーのJosé R. Lindley社発売とのことですが、カルディで買ったインカコーラは原産国アメリカ。何が違うのかはよくわかりません。

一方のガラナ。この製品の正式名称はガラナ・アンダルチカ。

商品情報|ガラナ・アンタルチカ – 荒井商事株式会社海外事業部

先のインカコーラはアメリカ産でしたが、こちらは缶に「国産」の表記があります。販売者は上記の荒井商事。ガラナ・アンダルチカはブラジル全国の販売店において柄な部門のシェア約30%を占めるブランドとのことですが、ライセンス契約して製造してるんでしょうかね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

インカコーラを飲む

f:id:naox21:20161026194415j:plain

なにはともあれ飲みます。インカコーラは久しぶり。キンキンに冷やしてからコップに注ぐと…ご覧の通り鮮やかなイエロー。色的にはコーラというよりメローイエローでしょうか(例えが古い)。いただきます。

…炭酸は黒いコーラより強くはありません。ほどほどの炭酸度合いで飲みやすい。そしてあと口が甘い!バニラっぽいというか、かき氷のシロップっぽいというか。この味わいは好みがわかれそうですが、私は嫌いではありません。疲れてる時に飲むと元気がでるんじゃないでしょうか(適当)。いや、おいしいですよ。 時々ふと飲みたくなる味です。

ガラナ・アンダルチカを飲む

f:id:naox21:20161026194424j:plain

お次はガラナ。コップに注ぐと鮮やかな琥珀色。よく冷えて炭酸もシュワシュワ。グビリといただきます。うん、程よい炭酸加減と濃厚な味わい。そしてあとくちのさわやかさ。最高です。やっぱガラナ・アンダルチカはうまい!ガラナはガラナエキスが入っているのが特徴なんですが、その味を文章にすると…むずかしいですね。コーラよりはエグみがすくない。ジンジャーの入っていないジンジャーエール、という感じでしょうか。

ガラナは国内ブランドからもいくつか製造販売されていますが、どれもガラナエキスが強いのか、ちょっとクセがあって私は苦手なんですよね。その点、このガラナ・アンダルチカはガラナの味は活かしつつもクセが少なくて実に飲みやすい。カルディに行くとついつい買ってしまいます。

まとめ

以上、南米の人気炭酸ジュース、インカコーラとガラナのご紹介でした。海外の飲食物って結構キツイ味のときがあるのですが、この二本は日本人でも飲みやすい味。特にガラナはホントうまいです。おすすめ。またお店などで機会があれば買い物のついでにカゴに放り込んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする