日本で一番大きい湖で泳ぐ-琵琶湖へ行ってきました | ネットタイガー

日本で一番大きい湖で泳ぐ-琵琶湖へ行ってきました

久しぶりの更新です。家族で琵琶湖へ行って参りました。何をしに?それは「日本で一番大きい湖で泳いだ」というステータスを得るためです(笑)。私は関西人ですが琵琶湖へ行ったのは人生で軽く二度ほど。もちろん泳いだことなどありません。息子が夏休みということで、レジャーがてら兵庫から足を伸ばして行ってみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

京都で腹ごしらえ

…と、その前に京都で腹ごしらえをすることに。

f:id:naox21:20160731205532j:plain

やって来ましたJR京都駅。ここ、好きなんですよね。空間の広がりがたまりません。

f:id:naox21:20160731205625j:plain

食事を取るのは京都駅ビルの10Fにある拉麺小路(らーめんこうじ)。北は北海道から南は博多まで、多種多彩なラーメンが揃っています。

f:id:naox21:20160731210030j:plain

数あるラーメン屋さんから選んだのは福島喜多方ラーメンの「坂内食堂」。喜多方ラーメンなんて高校の修学旅行以来だわ。

f:id:naox21:20160731210134j:plain

そして私が頼んだ焼豚ラーメン。チャーシューてんこもりで麺が見えない!

f:id:naox21:20160731210233j:plain

焼豚をよけるとようやく麺が。麺は平たいシコシコ麺。ああ、懐かしいですね。昔食べた喜多方ラーメンもこんな感じだったような気が。それにしてもチャーシューが柔らかくてうまい!ちょっと濃い目の味付けですが、トロトロなので何枚でもいけます。息子は豚骨+醤油風味の塩味スープがいたく気に入ったようで、いつまでもスープをすすっていました。なかなかおいしいラーメン、ごちそうさまでした。

再び琵琶湖への道。マキノ駅へ

お腹もいっぱいになったところで再度、琵琶湖を目指して北へ。

f:id:naox21:20160731210628g:plain

本日の目的地は「マキノ」。琵琶湖の中でも北に位置します。京都からJR湖西線・近江塩津行きに乗り、マキノ駅で下車します。

f:id:naox21:20160731210815j:plain

車窓から。京都を出てしばらくすると、もう右手に琵琶湖の姿が。楽しみです。

f:id:naox21:20160731211001j:plain

マキノ駅へ到着しました。とてものどかな風景。冬はスキーが盛んなんでしょうね。

琵琶湖到着

f:id:naox21:20160731211137j:plain

マキノ駅から歩くこと20分ぐらい。琵琶湖へ到着しました!うおー!ここが日本で一番大きい湖だ!なんか嬉しい。

f:id:naox21:20160731211245j:plain

別角度から。陸地も見えます。一見すると「海」なのですが、湖なので淡水。潮の香りはしません。すこ~し生臭いかな(笑)。でも気になるほどではないです。

f:id:naox21:20160731211534j:plain

オートキャンプ場があり、数組の家族が遊泳を楽しんでいました。

f:id:naox21:20160731211651j:plain

波打ち際はこんな感じ。砂ではなく石が沢山あります。これがまた足つぼを刺激して痛いんだw。

琵琶湖風景

以下、琵琶湖の風景写真などお楽しみください。

f:id:naox21:20160731211845j:plain

f:id:naox21:20160731211854j:plain

f:id:naox21:20160731211902j:plain

f:id:naox21:20160731211908j:plain

f:id:naox21:20160731211915j:plain

琵琶湖って湖なのに波があるんですね…。トンビが気持ちよさそうに空を周っていました。「ピーヒョロロ」という独特の鳴き声が耳に残ります。

琵琶湖遊泳の感想

というわけで初の琵琶湖遊泳。別に遠泳したわけではなく、波打ち際の遊泳エリアでのんびりしていただけですが、やはり「日本で一番大きい湖で泳ぐ」というのは嬉しいですね!息子よ、夏休み明けに同級生に自慢していいぞ(笑)。「日本で一番」という付加価値、たまりません。

晴れた空、白い雲、空を鳥が舞い、足元には小魚の群れ。そんな大きな湖の一角でゆらゆら揺れる、とても良い体験でした。水も澄んでいてキレイでしたよ。海もいいけど湖もまた違う魅力がありますね。また家族で再訪したい場所が増えました。みなさまも機会があればぜひ琵琶湖でレジャーを楽しんでください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする