絵本「きょうはなんのひ?」で初めてミステリーのドキドキに触れる | ネットタイガー

絵本「きょうはなんのひ?」で初めてミステリーのドキドキに触れる

外出前に少女が残した一言。

「今日は何の日か知ってるか?知らないんだったら階段の三段目を探してみな」

意味がわからずに階段に向かう母。そこには犬のぬいぐるみと共に謎の手紙が。

「ケーキの箱を見ろ」

居間にある箱に向かうも、母が見つけたのは第二の手紙。そしてそこにはさらなる指示が…。

果たして手紙にこめられたメッセージは?彼女は真実にたどりつくことができるのか?少女の真の目的は何なのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

絵本を整理していて

息子も小学校高学年になり、小説を読むようになってきました。本棚がいっぱいになってきたのでもう読まなくなった本を整理。そこで久しぶりにみたこの絵本。

f:id:naox21:20160614184738j:plain

瀬田貞二 作・林明子 絵の絵本、「きょうはなんのひ?」です。懐かしいなぁ。これ、私がまだ頬をピンク色に染めていた頃wに大好きだった絵本。息子にも読ませたくって、文字が読めるようになってから再購入した一冊です。

あらすじは本記事冒頭の内容を100倍ぐらいマイルドにした感じ。娘のまみこちゃんが学校に行く時に、

「おかあさん、きょうは なんのひだか、しってるの? しーらないの、しらないの、しらなきゃ かいだん 三だんめ」

とお母さんに謎かけをします。お母さんはまみこちゃんが隠した手紙の指示を追って、家中を歩きまわることに。そしてお父さんが帰ってきてから楽しい種明かしが…。

ミステリー要素が楽しい

絵本「きょうはなんのひ?」、これ、意外と読んでてドキドキするんですよね。手紙の指示がだんだん暗号っぽくなってきて、先が読めません。「おんがくもときどきおさらいなさいませ」とか「めったにきがつかないところ」など、まみこちゃんの指示も段々凝ったものになってきます。天才か。

ラストもひとひねり。実は手紙にはちょっとしたしかけがあって、「あ、そういうことだったのか!」と思わずニヤリ。まみこちゃんの天才ぶりにまたしても戦慄が走ります。

思えばこの絵本が、私がミステリー・推理小説好きになった原点のような気がします。ホームズ以前に出会った「きょうはなんのひ?」。この絵本を読んで幼心に味わったドキドキ感が忘れられずに、今でもおもしろい推理小説を探しているのかもしれません。

オススメの絵本

そんな思い出の詰まった「きょうはなんのひ?」。今読み返してみるとイラストが実に美しい。それぞれの絵の書き込みが細やかで、子どもの頃には気づかなかった発見が多々あります。絵柄もとてもあたたかみが感じられるテイストで、大人も優しいッ気持ちになれる絵本なのではないでしょうか。

初版は1979年ということでかれこれ30年以上前(!)の絵本ですが、今見ても決して古くなく、そして色褪せない魅力があります。また本屋さんで見かけられたらまみこちゃんの茶目っ気たっぷりの謎かけに触れてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする