和風激辛ソース、ダイコクの「激辛スパイスソース」を食べてみた | ネットタイガー

和風激辛ソース、ダイコクの「激辛スパイスソース」を食べてみた

先日、スーパーに行った時におもしろいソースを見つけました。

f:id:naox21:20160301213044j:plain

こちら。ダイコクの「激辛スパイスソース」です。普通のトンカツソースやウスターソース、お好み焼きソースに混じって並んでいました。

f:id:naox21:20160301213201j:plain

パッケージをアップ。特大の「激辛」の周りに「メッチャメッチャ辛い!」「カプサイシンたっぷり!」「少量のご使用で激辛メニューが作れます。」などなかなか刺激的な文字が並びます。製造販売しているのは大阪のソースメーカー・株式会社大黒屋さんです。ちなみにカプサイシンとは唐辛子の辛味を成す物質です。

私、辛いものは特に得意でも不得意でもなく。タバスコやキムチは好きですが「激辛は」ちょっと苦手なぐらい。ですが今回はこのパッケージの赤・赤・赤の迫力に負けて、ついカゴに入れてしまいました(笑)。いや、これ「トンカツ」とか「お好み焼き」とかの冠が付いていなくって、パッケージからはただ「激辛」「スパイス」のソースという情報しかわからないんですよね。どんなお味が気になってしまいました。

f:id:naox21:20160301213902j:plain

原材料名などはこんな感じ。名称は「濃厚ソース」です。内容量は500ml。購入価格は400円ほどでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「激辛スパイスソース」を食べてみる

早速「激辛スパイスソース」を食べてみます。…といったところで、どうやって食べようか…。ここはシンプルに素焼きしたお肉に付けてみることにしました。

f:id:naox21:20160301214143j:plain

まずはソースを器に。いきなりドバッと出すと食べきれない場合もあるので、控えめにしておきます。ちょっとニオイを嗅いでみると…普通のお好み焼きソースのような香りですね。フルーティな感じ。特に香辛料の刺激臭がある、というわけではありません。

f:id:naox21:20160301214328j:plain

素焼きした豚肉を用意。千切りキャベツも軽く添えて。

f:id:naox21:20160301214357j:plain

お肉にソースを付けます。…ちょっとつけすぎたかな。辛過ぎた時の保険に白ご飯を用意。ではいただきます。

お、甘みがあって口当たりまろやか。お好み焼きのソースっぽ…うわっ、辛!唐辛子の辛味が舌、そして喉を刺激します。そしてその辛さが数十秒ほど続く。あわてて白ご飯をかきこみます。ご飯がご飯がススムくん。…あれ?でもこれ、おいしくね?ソース自体の旨みと辛味がご飯にめちゃめちゃマッチング。これはウマイ。

ソースは辛さ以外に上品な甘みがあり、刺激的ですが決して暴力的な辛さではありません。むしろ慣れるとクセになってくる感じ。食べ終わるとまた食べたくなる、不思議でおいしいソースでした。

どうやって食べるとおいしいか

しかしまだまだたっぷりあるこのソース。どうやって活用していくか。今回は豚肉を用意しましたが、鶏肉なんかもいいですね。こんがり焼いた鶏もも肉がすごい合いそう。あとはパッケージにもあるようにお好み焼き・焼きそば。これはこの激辛スパイスソースを混ぜるだけであっというまにピリ辛お好み焼き・焼きそばに早変わり。ウマさが約束されたようなもんです。カレーは…どうだろう?今度カレーの日に試してみたいと思います。というわけで夢が広がリングの「激辛スパイスソース」を食べてみた、というお話でした。ご興味のある方・激辛ソース好きの方は是非どうぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする