【感想】近藤史恵「はぶらし」 | ネットタイガー

【感想】近藤史恵「はぶらし」

NHKテレビドラマの原作小説である、近藤史恵氏の小説「はぶらし」を読みました。

本書「はぶらし」は、2015年1月5日より「はぶらし/女友だち」としてNHK BSプレミアムで全8回が放送されるそうです。私はBSプレミアムは残念ながら視聴環境外なんですよね…。

NHK プレミアムよるドラマ「はぶらし/女友だち」の番組ホームページです。2016年1月5日(火) スタート【BSプレミアム・毎週火曜】よる11時15分

近藤史恵氏の小説は過去に「ダークルーム」「サクリファイス」「エデン」を読了。癖のない読みやすい小説を書かれる作家さん、という印象。特に自転車のロードレースを描いた「サクリファイス」はスポーツとサスペンスが見事に融合、手に汗握るおもしろさはグンバツ(死語)です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「はぶらし」のあらすじ

脚本家として順調なキャリアを積む鈴音は36歳にして恋人と別れたばかり。仕事とそれ以外のバランスについてつい悩んでしまう。そんな折にかかってきた高校時代の同級生・水絵からの呼び出し。不審に思いながらも切羽詰まった彼女の声に負け、相談に乗る鈴音。子持ちで離婚、職も失った水絵は行くあてもなく、再就職のために一週間だけ鈴音のマンションに泊めて欲しいと懇願する。心の奥で妙なざわめきを感じつつも、水絵の願いを承諾する鈴音。かくして水絵親子との共同生活が始まるのだが…。

感想

読書前にあらすじから想像した通り、水絵の態度にイライラ。期待通りです。一般常識から少しズレている彼女。妙な理屈を振りかざし、意識してかそうでないのか鈴音の人の好さにつけ込んで、ジワジワと彼女の生活を侵食していきます。同性でありながら立場の違う二人の「噛み合わなさ」が、何とも言えない歯がゆさを感じさせます。

序盤で鈴音が水絵に対して決定的な不快感を感じるのが、タイトルにもなっている「はぶらし」にまつわるエピソード。鈴音が母子に対して貸した歯ブラシは、彼女が想像していなかった形で返ってくることになるのですが、このちょっとイヤ~な感じの表現がうまい。読者に拭い切れないモヤモヤを植え付けます。

そして学生時代とは立場が変わり、環境に差がついてしまった二人。ぶつかり合い、互いの意見は平行線をたどる。相手の願いをどこまで受け入れるべきなのか、というテーマについて、自分だったらどうするか?考えるうちにモヤモヤに拍車がかかります。ただサスペンス要素を期待し過ぎると少し肩透かしかも。水絵はズレているといっても極度にクレイジーというわけではないので、嫌なキャラクターとしてはもう一つ突き抜けきれなかった感があります。

物語に対するイライラは期待通りでしたが、もっともっと、読者に嫌がらせをしてくれても良かったかな。水絵にも同情できる事情があったりして、「悪役」として憎みきれなかったのはやや物足りなかったところ。一方サスペンスとしてではなく、解説で評されている通りこれを「女友達」の話として読めば、また別の角度からの深み・おもしろみも確かに感じます。

ドラマ版はどうなの?

NHK BSプレミアム版では鈴音役に内田有紀、水絵役に池脇千鶴という配役です。これはなかなかはまりそうな印象。特に池脇千鶴はものすごい嫌らしい演技をしてくれるのでは。テレビの前でイライラする人が続出しそうです(笑)。予告編も見ましたが、原作にはない濡れ場もあったりして、ドロドロした展開になりそう。29分✕全8回ということで、内容もボリュームアップが期待できそうです。前述の通り私は視聴ができませんが、また動画サービスなどで配信されたらチェックしてみたいところ。

というわけで近藤史恵氏の小説「はぶらし」の読書感想でした。サクッと読みやすい小説です。氏の別作品としては個人的に「サクリファイス」イチオシなので、気になった方はまたチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする