【感想】「ユートロニカのこちら側」小川哲(第3回ハヤカワSFコンテスト大賞受賞作) | ネットタイガー

【感想】「ユートロニカのこちら側」小川哲(第3回ハヤカワSFコンテスト大賞受賞作)

早川書房より2015年11月25日に発売された小川哲・著の小説「ユートロニカのこちら側」を読みました。すべての個人情報が企業によって管理されている都市「アガスティアリゾート」。そこに関わる人々を描いた近未来SF小説です。何とも画一的・無機質な都市の様子が描かれた装幀に惹かれて紙書籍を購入。文庫版以外の小説を買ったの、久しぶりだわ…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ユートロニカのこちら側」あらすじ

アガスティアリゾートーーマイン社が運営するサンフランシスコ沖合の特別提供地区。そこでは住民が自らの個人情報ー視覚や聴覚、位置情報などのすべてーへの無制限アクセスを許可する代わりに、基礎保健によって生活全般が高水準で保証されている。しかし、大多数の個人情報が自発的に共有化された理想の街での幸福な暮らしには、光と影があった。リゾート内で幻覚に悩む若い夫婦、潜在的犯罪性向により強制退去させられる男、都市へのテロルを試みる日本人留学生ーSF新世代を担う俊英が、圧倒的リアルさで抉り出した6つの物語。そして高度情報管理化社会に現れる❝永遠の静寂(ユートロニカ)❞とは。第3回ハヤカワSFコンテスト賞受賞作。

「ユートロニカのこちら側」裏表紙あらすじより 

全ての個人情報をマイン社に提供する代わりに、「働かなくても良い生活」が住民に与えられる特別区「アガスティアリゾート」を描いた物語。「リップ・ヴァン・ウィンクル」「バック・イン・ザ・デイズ」「死者の記念日」「理屈湖の畔(ほとり)で」「ブリンカー」「最期の息子の父親」の全6章で構成されています。

感想

おもしろかったです。…相変わらずの小並感で申し訳ありません。いえ、個人的に結構好きな作風だったもので。

アガスティアリゾートに住む人々は、マイン社に個人情報の無制限アクセスを許可し、代わりに都市は最高ランクの基礎保険を提供。企業はデータを、人間は「働かなくてもよい権利」を得る、という仕組み。

この「アガスティアリゾート」、今のネット社会を鑑みてとてもリアリティがあります。人々の嗜好によって表示内容を変化させる検索エンジン、ビッグデータによる行動予測、個人情報の提供によって利益・利便を得る仕組みなど。それらを発展・あるいはデフォルメした形としてさもありなんといった設定。

そこでお決まりの展開ではあるのですが、果たしてそこはユートピアなのかはたまたディストピアなのか、という問題。全てを監視されていることへの慣れと反発。プログラムのデータ分析に沿ってすすめられるだけの警察捜査。犯罪抑止に関する手段の是非、人間にとっての「自由」とは何か…。高度に管理下された社会で次第に露呈する問題点が淡々と描かれます。

この「淡々」具合が巻末に載っている選評ではもう一つ受けが良くなかったようですが、個人的にはとても好み。クール、というか多少コールドな感じの方が、近未来SFっぽく、また押し付けがましくなくって素直に読めました。

(前略)もしマイン社が頭からお尻まで間違っているのなら、リゾートがこれだけ繁栄するはずもなかった。彼らは大きな誤りの一部に、何か絶対的な正解を含んでいる。それが何か知りたかっただけなの。

こちらは第5章の主人公・ユキのセリフ。マイン社の価値観に反発しつつも、冷静に「真実」を見ようとする彼女。本当の自由ってなんだろう?リゾートの有り様を通して読者に投げかけられる問いにちょっと考えさせられます。

というわけで小川哲「ユートロニカのこちら側」の感想でした。自分の好みにあった、ということもありますが、おもしろかったです。作者の小川哲氏は1986年生まれで東京大学大学院総合文化研究科博士課程在籍とのこと。豊富な知識は言うにおよばず、豊かな表現と読みやすい文章で描かれたこの「ユートロニカのこちら側」、普段SF小説を読まない方にもオススメ。「ユートロニカ=永遠の静寂」とは何か。是非ユートピアの真実に触れてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする