喉にワンランク上の刺激。強炭酸飲料 「激烈炭酸」 | ネットタイガー

喉にワンランク上の刺激。強炭酸飲料 「激烈炭酸」

夏は炭酸飲料を良く飲みます。あの喉にシュワシュワ来る刺激。風呂あがりに欠かせません。原点はコーラやスプライトですが、そうそう甘いものばかり飲んでもいられないので、ここ数年は甘みのないシンプルな炭酸水を好んで飲みます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

斉藤飲料工業の「激烈炭酸」

普段は大手メーカーやPB商品まで、大体100円ぐらいのものを買っていますが、先日見つけたのがこちら。

f:id:naox21:20150724144048j:plain

斉藤飲料工業株式会社の「激烈炭酸」です。某スーパーで税抜き131円。特に新製品というわけではないようですが、初めて見かけたので衝動買い。シンプルな黒のラベルに「激」の文字。赤線の下には「GEKIRETSU SPARKLING WATER」。なぜ「GEKIRETSU」だけ日本語。ラベルの一番下には「高圧炭酸水」の表記。「高圧」が爽快なのどごしを期待させます。

f:id:naox21:20150724144459j:plain

ラベル裏。「取扱注意!」そして「重要」の文字。色々と制約の多い飲み物です。しかしそれも当然。基準値(※斉藤飲料工業比)より約10%以上高く設定されたガスボリュームを持つこの激烈炭酸。必ず冷やして、また取り扱いはデリケートに。内容量は330mlです。

>>>炭酸水の飲み比べしてます

飲みました

そして某日の風呂あがり、早速この「激烈炭酸」を飲んでみました。ボトルキャップをひねると普通の炭酸飲料よりいきおいよく「プシュッ!」そしてビン上部に集まる気泡。なかなかの勢いです。それではいただきます。

うん、のどごしはさわやか。すっきりした水です。飲みやすい。そして肝心の炭酸は…うぉっ、喉に来る!水分が通り過ぎた後、喉に残る刺激がスゴイ!ガスボリューム10%アップは伊達じゃない。これまでに無かった刺激です。妻にも一口二口飲んでもらいましたが、炭酸水がキライじゃないけど不得意な彼女、悶絶しておりました(笑)。

まとめ

というわけでこの「激烈炭酸」、いつもより強い炭酸の刺激がたまらないけどクセがなく、飲みやすい炭酸飲料でした。またリピートしたい爽快感。果汁なんかで割ってもいいですね。そして通常より高濃度な炭酸なのでゲップの威力も倍増(笑)。人前で飲むときはご注意ください。

強めの炭酸ガスといえばウィルキンソンが有名ですが、調べてみると、他にもガスの強い炭酸ががあるんですね。また機会があればチャレンジしてみよう。

炭酸水の飲み比べ記事も書いています。あわせてどうぞ。

ウィルキンソン他、炭酸水・強炭酸 飲み比べメモ。オススメは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする