「おとろし」-ねっとり怖いカラスヤサトシのホラー漫画 | ネットタイガー

「おとろし」-ねっとり怖いカラスヤサトシのホラー漫画

秋田書店・チャンピオンREDコミックスより発売中、カラスヤサトシさんのホラー・オムニバス漫画「おとろし」を読みました。

何やら驚いているような表情の和服の女性。その顔にタイトルである「おとろし」、そして作者名「カラスヤサトシ」の文字があしらわれた表紙。コミカルなようでいて、本編の恐怖をほんのり予感させる、インパクトのある絵です。

お名前は存じ上げていたのですが、カラスヤサトシさんの漫画を読むのは今回が初めて。「カラスヤサトシ」という、作者名をタイトルにした漫画を書かれているのは知っていたのですが、著者初のホラー作品から入るとは思ってもみませんでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「おとろし」概要

この「おとろし」は昔話風な時代物から現代物まで、各話6Pの短編を計24編収録。秋田書店の漫画サイトでそのうちの一編「女が落ちる」が試し読みできます。

「カラスヤサトシ」「結婚しないと思ってた オタクがDQNな恋をした!」など、エッセイ漫画としてニッチで不動な人気を誇るカラスヤサトシがホラーに初挑戦。これまでのエッセイでは描けなかった、登場人物の性悪に身を震わせてください&。 季刊誌「もっと!」で連載中の「おとろし」の真夏のスペシャル出張版です。

…試し読み、もう読まれましたか?ほぼ全編、こんな感じの怪異が描かれます。

「この世」と「あの世」、「善」と「悪」、「夢」と「うつつ」。両者相見える世界で湧き立つ静かな怪奇を紡いだ異色のショート・ホラー24作を収録。いつの世も、げに恐ろしきは、人の業なり…。

Amazonの商品紹介ページより内容紹介。本作で描かれる恐怖の根底にあるのは「人」、ですね。ショッキングなビジュアルは比較的少なめ。各話とも6Pと短いのですが、読み終わった後にジワジワ来る怖さ・気味悪さがあります。

感想

お気に入りは第6話「マムシデ」。マムシをたやすく捕らえる「マムシ手」を持つ老人が、幼き頃から抱く「この手で人をつかむとどうなるのだろう?」という妄執とその顛末。老人の静かな「欲望」そして「恐怖」が見事に描かれた傑作です。

第4話「想い」もおもしろい。日に日に弱る祖母の頼みで、廃村にある祖母の生家を探す女性。やがて探し当てた「家」、そして彼女に芽生えたある「想い」。こちらも人の心の闇が垣間見えて、ゾクリとくる一本。

この「おとろし」が素晴らしいのは、24編の全てに「恐怖」が描かれているところ。いや、ホラー漫画なんだから当たり前だろ、と思われるかもしれませんが、話がたくさんあると、時々不思議な話・ちょっといい話なんかが混じってたりするじゃないですか。しかし「おとろし」は全話一貫してちゃんと「怖さ」を追求した作りになっている。これってホラー漫画としては結構大事。そしてどの話も、何気に「日本昔ばなし」の怖い回を見ちゃった的なイヤゲ感が残ります。

まとめ

以上、漫画「おとろし」の感想でした。暑い夏の夜にピッタリのホラー・オムニバス。家族が寝静まった頃、扇風機の風を浴びながら一人でじっくり読むと、怖さ倍増。そして秋口、涼しくなってきた頃に再読すると、またヒンヤリできそう。ナンバリングはされていないので単巻で完結しているようですが、また続きを読んでみたい漫画です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする