名付けに迷ったら学研「ネーミング辞典」 | ネットタイガー

名付けに迷ったら学研「ネーミング辞典」

日常で名付け、つまりネーミングに困ることが時々あります。特に多いのはWebサービスを始める時。ブログ名を付けたり、ニックネームを付けたりする段になっていい名称が浮かびません。さあ、これから新しいことを始めよう!という時にネーミングでつまずいて、気が削がれてしまうことしきり。

そんな時のために…というわけではありませんが、前からネーミングに関して興味があったので、学研の「ネーミング辞典 第3版」を買ってみました。

f:id:naox21:20150521153955j:plain

こちらです。「ことばを旅する学研の辞典 名づけに使える8か国語2万9000語収録」ということです。税込1,728円。

同じく学研から出ている「クリエーターのためのネーミング辞典」とどちらにしようかな、と迷ったのですが、より汎用的な(と思われる)「ネーミング辞典」の方を購入しました。

f:id:naox21:20150521160444j:plain

サイズはこのくらい。成人男性の手から少しはみ出すぐらい。ただし728ページもあるので分厚いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ネーミング辞典」の構成

f:id:naox21:20150521160556j:plain

この学研「ネーミング辞典」は、一つのワードについて、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ラテン語、ギリシャ語、ロシア語の計8ヶ国語表記を掲載しています。巻末付録の「もっとよい名前にするネーミングマニュアル」「商標登録について」「索引」をのぞき、ほぼほぼ写真のような形式。

  • PART1 人、からだ、人生
  • PART2 人の声質、思考、存在
  • PART3 日常生活、家庭
  • PART4 社会、職業、政治経済
  • PART5 スポーツ、旅行、趣味
  • PART6 動物、植物
  • PART7 時間、空間、図形
  • PART8 自然、天体、四季
  • PART9 言語、文化、芸術

の9パートにわかれ、その中でさらに「放送」「天体」「デザート、菓子」「学問分野1」のような小項目に分かれます。

例えばこんな感じ

例えば新しい日記ブログのタイトルを決めたい。そんな時にネーミング辞典をパラパラめくると…P188「庭、園芸」より「庭」という単語が目にとまりました。そうだ、タイトルを「○○(名前)の庭」にしよう。…ありがち?まぁそこは例ということで目をつぶってください。

ただ普通に「~の庭」だとちょっとインパクトがない。ということでネーミング辞典の記載内容を見ると、

「英:ヤード(※ガーデンは「庭園・花園」)」「仏:ジャルダン」「独:ガルテン」「伊:ジャルディーノ」「西:ハルディン」「羅:ホルティー」「希:アウレー」「露:サート」

のように各国語の表記を知ることができます(※ここでは割愛していますが、アルファベット表記も掲載されています)。「羅」はラテン語、「希」はギリシャ語です。この中だとフランス語・ドイツ語・イタリア語あたりがシャレオツな感じですかね。「ジャルダン」「ガルテン」「ジャルディーノ」なんて使うとオリジナリティが出て、かつ博学な雰囲気も醸し出せる、かも。

その他、例えばP361の「幽霊」:
「英:ゴースト」「仏:ファントーム」「独:ゲシュペンスト」「伊:ファンタズマ」「西:ファンタスマ」「羅:レムレース」「希:プネヴマ」「露:プリヴェヂェーニイ」

P560「小説」:
「英:ノヴェル」「仏:ロマン」「独:ロマーン」「伊:ロマンゾ」「西:ノベーラ」「羅:ファーブラ・ローマーネンシス」「希:ミシストリマ」「露:ラマーン」

P333「(トランプの)キング」:
「英:キング」「仏:ロワ」「独:ケーニヒ」「伊:レ」「西:レイ」「羅:レクス」「希:リガス」「露:カローリ」

のように、タイトルやニックネーム、キャラクターのネーミング・アイデアに役立ちそうな単語が多数収録されています。「幽霊」を「レムレース」、「小説」を「ミシストリマ」、「キング」を「ロワ」「レクス」「リガス」なんて言っちゃうと、やだ、ちょっとカッコイイ…!

まとめ

以上、学研の「ネーミング辞典 第3版」を買ったお話でした。どうやって名前を付けるか?というHowto本ではなく、ひたすらワードを掲載することで発想の手助けをする、といったタイプの書籍です。商品・会社名などのビジネス用途や、小説・ゲームの固有名詞を付ける時にインスピレーションがわきそうです。ネーミング以外にも普段目にするキャラクターやタイトルをはじめ、よく行くお店、特に美容院や洋菓子店などオシャレな店名の元ネタなんかもわかったり。時折パラパラめくると新しい発見があったり、脳に刺激があって楽しいですよ。ちなみに「脳」はフランス語で「セルヴォー」、ドイツ語で「ゲヒルン」です。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする