ブログに「関連記事」を設置できるブログパーツあれこれ | ネットタイガー

ブログに「関連記事」を設置できるブログパーツあれこれ

ブログの記事下やサイドバーに良くありますね。「関連リンク」とか「こちらの記事もどうぞ」のような文言とともに表示されている、ブログの関連記事を表示してくれるブログパーツ。訪れてくれた方に他の記事をご紹介するのに便利です。手動で読んで欲しいエントリーへのリンクを都度貼る、というのも良いのですが、自動でブログ内からリンクを拾って表示してくれると楽ですよね。

このブログは「忍者レコメンド」を使用していたのですが、ちょっと理由があって(後述)、少し前に別のサービスに変えてみました。「シスウ株式会社」さんが提供されている「Milliard関連ページプラグイン」です。

f:id:naox21:20150519172500j:plain

現在は「こんな記事も書いてます」の下に8件、サイト内の記事を表示しています(画像は途中を省略しています)。過去、いくつかの関連リンクサービスを乗り換えましたが、今のとここの「Milliard関連ページプラグイン」が動作的にもデザイン的にも気にっているので、当面使い続けようかな、と考えています。

ただこの関連記事サービス、ブログによって期待通りに動いたり動かなかったり、またサービスの変更などもあっていつの間にか仕様が変わっていたり、などというケースもあったりします(「Milliard関連ページプラグイン」のことではないですよ)。機能を外部に依存するということを理解した上で、様子をみながら都度メンテしたり、期待通りに動かない場合はサービスを変えたり、も時には必要です。基本無料ですしね。

というわけで、ブログに無料で設置できる、「関連記事」を表示するサービスを集めてみました。なお、本エントリーは特に「はてなブログ」向けというわけではありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「関連記事」が表示できるサービス

Milliard関連ページプラグイン

というわけで早速お世話になっている「Milliard関連ページプラグイン」。本エントリー作成時では、Wordpress、Blogger、はてなブログ、Livedoorブログ、FC2ブログに対応しています。

  • 紹介文(見出し)
  • 並び順(関連度順 / 更新日時 / ランダム)
  • 表示位置(フッターの下、挿入歌所)
  • PCでの表示(パネル / リスト / 独自テンプレート)
  • スマホでの表示(パネル / リスト / 独自テンプレート)

が設定可能。「スマホでの表示」では、「挿入箇所のスクロールを無効にする」と「表示件数(デフォルト5件)」もオプションにあります。一つのコードでPCとスマホ、両方の設定ができるのは便利。本ブログは「リスト表示」にしています。記事のサムネイルは設定後しばらく経ってから表示されるようなので、設置後「あれ?画像が表示されない」という方はしばらく待ってみてください。

忍者レコメンド

Milliardの前に採用していました。アクセス解析やAdMaxでも同じみ、侍ファクトリーによるブログパーツ。細かい設定ができてとても高機能です。設定可能項目が多いので、一部抜粋してご紹介。

  • 「記事取得範囲」で取得する記事の期間を選択可能(例:全て / 過去1年 / 過去180日 など)
  • 「並び順」には更新日順の他、「はてブ数」「いいね数」「ツイート数」「BUZZ順」など、ソーシャルの影響を反映可能
  • 「NGワード」を設定すると、そのワードを置換したり、ワードが含まれている記事を非表示にできる
  • 豊富なデザイン設定
  • 「取得元サイト」の設定で、記事を個別に非表示設定可能
  • 記事内の画像にクラスを設定することで、サムネイル画像を指定可能

と、痒いところに手がとどく機能が魅力。

ただ個人の使用感ですが、削除した記事をいつまでも表示していたり、知らないうちにリンクの開き方の仕様が変わっていたり、ということがあったので、私は先述の「Milliard」に変更しました。細かくカスタマイズしたりチェックができる、という方であれば良いブログパーツだと思います。

zenback

おなじみzenback。関連リンクを表示できるブログパーツの老舗ですね。こちらも一時使ったことがあります。設定可能な項目を抜粋すると、

  • ウィジェットテーマ(4種類)
  • 表示する項目:ソーシャルボタンセット、関連する記事、はてなブックマークの反応、Twitterの反応、Facebookコメントなど。「おしらせ欄」と「関連するみんなの記事」は表示必須
  • ソーシャルボタンセット(Twitter、はてブ、LINE、いいね、Pocket、Evernoteなど)
  • 関連する記事の画像表示有無
  • おしらせ欄

など。ソーシャルボタンは例えば「いいねボタン」が2種類あるなど、細かい見た目を選択可能。特に表示したい記事やウェブページへのリンクを指定できる「おしらせ欄」がユニークです。

LinkWithin

こちらも使っている方が多いですね。良く見かけます。上記リンクよりメアド、URL、プラットフォーム、幅(3~5列)を選んでコードを取得、ブログに貼り付けるだけ。超簡単です。見た目もシンプルでブログにフィット。

…が、私のブログ、このLinkWithinブログパーツを貼り付けても、どの記事にも同じ関連リンクが表示されて、かつ一向に更新されない。ググると同様のケースでLinkWithinにメールを送れば解消された、のような報告が多々あるのですが、私の場合は何をやっても解消されず。しょうがないので忍者レコメンドに移行しました(当時)。普通に表示されているブログもたくさんあるので、何か相性があるんですかね…。

まとめ

以上、ブログに関連記事を表示してくるれるブログパーツあれこれ、でした。私もこれまで「zenback→LinkWithin→忍者レコメンド→Milliard関連ページプラグイン」とサービスを乗り換えてきましたので、関連記事の導入を検討されている方はご自身のサイトに合うサービスを試してみると良いと思います。

本当はもう一つ、「Outbrain」というサービスがあるのですが、完全英語であること、またログインしても設定画面が今ひとつわかりにくいということで、導入を断念しました。英文のダイレクトメールが来るしw。ただ実際に使われている人もいるようなので、名前とリンクのみ掲載しておきます。本エントリーでは紹介していませんが、Wordpressをお使いであれば関連リンクプラグインを導入するという方法もありますね。また新しいサービス・ブログパーツがあれば、随時エントリーを更新していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 名無し より:

    参考になりました、ありがとうございます!

    • ネットタイガー より:

      コメントありがとうございます!
      お役に立てましたらなによりです。。