Windowsで読める電子書籍サイト | ネットタイガー

Windowsで読める電子書籍サイト

私が電子書籍を初めて買ったのは、Androidタブレットを購入した時。その頃は電子書籍サイトは専用端末やスマホ・タブレット向けのサービスで、PCでの利用まではまだ手が届いていない感じでした(サービスにもよると思いますが)。2015年にAmazonの「Kindle for PC」がリリースされたことは記憶にも新しいと思いますが、それと前後してPCでの電子書籍利用に各社サービスがどんどん対応してきた感があります。

ということでどこに需要があるかわかりませんが、Windows環境で閲覧可能な電子書籍サイトを集めてみました。これを知っていれば、iOS・Androidのスマホ・タブレットや電子書籍専用リーダーを持っていなくても電子書籍が楽しめます。なお下記はOS:Windows7、ブラウザ:Google Chromeで動作確認をしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブラウザ(Chrome)上で読める電子書籍サイト

f:id:naox21:20150506003237j:plain

ブラウザ上で電子書籍を読むことのメリットは、書籍のダウンロードが必要ないということです。反面、ネットにつながっている必要があり、また回線状況によっては読み込みが遅い場合もあります。しかし特別なソフトを必要とせずにブラウザだけで電子書籍を読むことができるのは魅力的です。

Amazon(Kindle Cloud Reader)

「Kindle for PC」のことではありません。そちらはインストールが必要な電子書籍リーダーですが、こちらはブラウザ上で購入した書籍を読むことのできるサービス。無料サンプルをこちらに配信して読んだことのある方も多いのではないでしょうか。なおページの読み込みがやや遅い印象があります。

Sony Reader Store

「購入した本」に「今すぐ読む」表記があれば、そのままブラウザで読むことができます。レスポンスも良く、非常に使いやすいです。惜しむらくはページ送りがマウスホイールに対応していないことでしょうか。

Yahoo! ブックストア

そもそもPCでもAndroid・iOSでも「ブラウザーで本が読める」ことを謳っているサービスなので、ブラウザとの相性は良好です(iOS/Androidはアプリもあります)。Yahoo! JAPAN ID+Yahoo!ウォレットを利用している方であれば、選択肢に加えても良いのではないでしょうか。

BookLive!

三省堂書店ユーザーは馴染み深いと思われるBookLive!。こちらでもブラウザでの電子書籍閲覧に対応しています。私はメインでは使っていないのですが、特に動作に問題はありません。

ebookjapan

前身から数えるとかれこれ15年ほどサービスを展開している老舗電子書籍サイト。「ブラウザ”楽読み”」で電子書籍を閲覧します。ページの読み込みに若干時間がかかる感じもしますが、動作自体はスムーズです。

Google play

Google playの電子書籍部門。サンプルでも読んで貰えればわかるのですが、一画面に1ページが表示されず、スクロールで読み進めていく感じで、また見開き・拡大も操作・設定がわからず…、と思ったら右上「表示オプション」から設定ができました。しかし見開きはともかく、ブラウザの高さに自動でページの高さが合わないのはちょっと辛いなぁ…。

アプリをインストールして読む電子書籍サイト

f:id:naox21:20150506003617j:plain

専用アプリケーションをインストールし電子書籍をダウンロードすることで、ネットにつながっていない時でもPCを立ち上げれば読書を楽しむことができます(認証が必要な場合も有り)。ただ書籍のダウンロードに時間がかかったり、PCの記憶領域のスペースを必要とするのが難点でもあります。

Amazon(Kindle for PC)

デスクトップでKindleの本が読めるアプリ。Amazonユーザーは歓喜したはず。動作は軽快…ですが、書籍のダウンロードが同じくKindleのAndroidアプリ比べると時間がかかっているような気がします。インストーラーは38.9 MB。

Kinoppy

紀伊國屋書店の電子書籍サービス「Kinoppy」のWindows用アプリ。Win8.1/Win8.1 RTが対象の「Windowsストア版アプリ」とWindows Vista以上で使える「デスクトップ版アプリ」があります。私は当然デスクトップ版を。アプリを起動すると本棚が表示され、本をクリックするとポップアップウィンドウが開く、という形式が独創的。インストーラーは40.5 MB。

楽天koboデスクトップアプリ

「楽天kobo」で購入した電子書籍を読むためのWindowsアプリ。初回起動後、購入した電子書籍を否応もなく全てダウンロードする仕様はちょっと…。アプリをインストールする前に大量購入していたり、PCの容量が足りない場合はどうなるのだろう。アプリ自体の動作は軽快です。ページの拡大表示は未対応?インストーラーは53.9 MB。

honto(PC向けhontoアプリ)

株式会社トゥ・ディファクト(2Dfacto, Inc.)の運営する電子書籍サイト「honto」のWindows用アプリ。動作も問題なく、コメントも記録できて良い感じ。拡大縮小をマウスホイールで行う形式は独特。個人的にはダブルクリック形式が慣れているのでちょっと違和感があります。インストーラーは21.0 MB。

BOOK☆WALKER

角川グループの電子書籍ストア。角川以外の書籍も配信されています。ダウンロードしている途中でも本が読める「プログレッシブモード」は便利。ダウンロード完了後はダウンロードした書籍の閲覧に切り替わります。インストーラーは103 MB。もうちょっと軽くなりませんか。。

まとめ

以上、「Windowsで読める電子書籍サイト」ということで、ブラウザまたはWindows用アプリで読める電子書籍サイトをご紹介しました。探せば他にもあると思いますが、今回はこんなところで。本エントリーの内容についてはまた随時、修正・追加などしていきたいと思います。

で、お伝えしたいこととしては、「スマホ・タブレットじゃなくても電子書籍が読める環境が充実してきた」ということ。スマホ・タブレットを持っていなくても充分電子書籍を楽しめます。仕事の合間にマンガ読んだり、とかもできますねw。意外と自分の利用しているサービスがPC閲覧に対応していることを知らなかったりすることもあるのでは。

電子書籍と言えばAmazonのKindleが一歩抜きん出た感もありますが、PCでの閲覧に関しては他社環境もそれに負けていないな、という感じを受けました。なおAndroid・iOSアプリで読めていた本が、PCでの閲覧に対応していないというケースもサービスによっては多々あります。これからWindowsでの電子書籍閲覧も考慮してみようという方は、読みたい書籍が対応しているかどうか、購入前の確認をお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする