怒り・モヤモヤの解消は「メモ書き」で-「ゼロ秒思考」より | ネットタイガー

怒り・モヤモヤの解消は「メモ書き」で-「ゼロ秒思考」より

赤羽雄二 ゼロ秒思考

ダイヤモンド社より出版されている赤羽雄二氏の著書、「ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング」を読みました。本書は「A4の用紙にメモ1件1ページを1分でさっと書き、それを毎日10ページ書くことで『考える力』を鍛える」という趣旨の本。コンサルティング・ファームのマッキンゼーで14年間経営に携わった著者が、年齢・性別・学歴・職業・国籍に関わらず、「心を整理し、考えをまとめ深める方法」としてメモ書きの利点・効能、およびその具体的な方法を紹介。そして「考える力」を鍛えることで、瞬時に物事を判断するための「ゼロ秒思考」を目指す、という内容です。

「メモ書き」といっても適当な方法ではなく、著者は自身の長年の経験から辿り着いたフォーマットを推奨します。紙はA4横置き、1件につき1枚、1枚に4~6行、書く時間は1分以内、など。その手順や理由を記すのが本論ではないので詳しくは書籍で確認いただきたいのですが、「思考を深める」という主目的以外に「これは」と思ったことがひとつ。それは「腹がたった時、気分が悪い時にその理由をメモに書き出すと楽になる」ということです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

怒り・もやもやする時にもメモ書きを

本書P70「メモを書くと、腹が立たなくなる」より。例えばあなたが会社の「Aさん」によく罵倒されるとします。それについて怒りがおさまらない時、まず「Aさんはなぜいつも自分を罵倒するのか」というタイトルでメモ書きを作ります(「Aさん」には実名を入れます)。そしてさらに「どういう気持で私を罵倒するのか」「Aさんは誰を罵倒し、誰を罵倒しないのか」「罵倒した後、Aさんはどのように感じているのか」などといった項目で15個ぐらいのメモを一気に書き上げます。

するとメモ書きを終えた頃には気分が落ち着き、と同時に最初は見えなかった自分の落ち度も客観的に見えてくる。書く前より冷静になり、相手への接し方も劇的に変わる。メモを書くと腹が立たなくなるのは、吐き出したものをしっかり見ることができるから、また自分の落ち度・引け目・劣等感に気づくことができるから、と著者。

腹が立つのは、多くの場合相手が何か悪いこと、こちらにとって嫌なことをするからではあるが、こちらがそれを受け流せない状況でもあるからなのだ。メモ書きはそれを大幅に改善する。(本書P74より)

相手のことだけではなく自分のことも見なおすことで、腹の立つ状況を客観視し、冷静に考える。すると怒り・モヤモヤがおさまってくる。

アウトプットで思考を前向きに

生きていれば腹の立つこと、モヤモヤすること、いっぱいあります。そして怒りを内に溜め込んでばかりいると、いつまでも鬱憤が晴れず、思考が前向きになれません。そんな時は頭の中で怒りについて堂々巡りの思考を繰り返すよりも、一度アウトプットした方が冷静に考えることができ、事象も改善するかもしれません。なお、メモ書きは相手の目に触れないように注意!です。

最後に、本書はあくまでも思考を鍛えるための「メモ書き」に関する書籍であり、怒り・モヤモヤを解消するための本ではありません。上記内容が書かれているのは本書のほんの一部分ですが、興味深い内容だったので取り上げさせていただきました。ご留意ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする