IMEの辞書機能を活用して文書作成をスピードアップ | ネットタイガー

IMEの辞書機能を活用して文書作成をスピードアップ

パソコンには「IME」が入っています。IMEとは「インプット メソッド エディタ」の略で、「日本語IME」といえば日本語の文字入力を補助してくれるソフトを指します。で、私のPCはWindows7なんですが、デフォルトではマイクロソフトの「MS-IME」が入っています。現在使っているのは「Google日本語入力」です。「ATOK」もIMEですね。

さて、普段パソコンをお使いの方ならばメールやブログで文章を打つことが多いと思うのですが、定型文といいますか、良く使う文章・フレーズがあると思います。仕事のメールで言うと「お世話になっております。」とか「よろしくお願いいたします。」といった文章を使う頻度は高いのではないでしょうか。

そんな時、一文字ずつ入力して変換すると、多少ではありますが時間もかかりますし、うまく変換されなかったり途中の文字を間違ったりすると「イーッ!」となることも。

そんな時はIMEの「辞書登録」機能を使って、よく使うフレーズを予め設定しておきましょう。以下、MS-IMEとGoogle日本語入力での設定をそれぞれご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MS-IMEの場合

f:id:naox21:20150418181017j:plain

コントロールパネルを開き、「時計、言語、および地域」から「キーボードまたは入力方法の変更」を選びます。ちなみにIMEのツールバーからもできると思うのですが、私の環境ではどこかへおでかけしてしまったので、コンパネから。

f:id:naox21:20150418181116j:plain

開いた画面のタブ「キーボードと言語」から、「キーボードの変更」をクリック。

f:id:naox21:20150418181153j:plain

「テキストサービスと入力言語」が開くので、「全般」から「Microsoft IME」を選び「プロパティ」をクリック。

f:id:naox21:20150418181331j:plain

「辞書/学習」タブから「辞書ツール」のアイコンをクリック。

f:id:naox21:20150418181402j:plain

開いた辞書ツール画面で「編集」→「新規登録」をクリック。長いけどもうちょっと!

f:id:naox21:20150418181446j:plain

「単語の登録」画面が開くので、「読み」に「よ」、「語句」に変換候補となる「よろしくお願いいたします。」を入力し、「登録」をクリックします。あとはOK、OK、OK牧場で変更を確定させてください。

f:id:naox21:20150418181739j:plain

すると文字を入力する画面、エディタやフォームなどで「よ」と打ちスペースキーから変換候補を出すと、「よろしくお願いいたします。」が候補に出てきます。画像は「世」になってるのは「世」が選択されているからです。

Google日本語入力の場合

f:id:naox21:20150418181153j:plain

Google日本語入力の場合はこちらの画面から「Google日本語入力」を選び「プロパティ」をクリックすると、

f:id:naox21:20150418181301j:plain

「Google日本語入力のプロバティ」が出るので「辞書」タブから「ユーザ辞書の編集」をクリック。

f:id:naox21:20150418194213j:plain

「追加」をクリックすると入力欄が追加されるので、例えば「よみ」に「お」、「単語」に「お世話になっております。」を入れると、「お」を入力した時に「お世話になっております。」が入力候補に出てきます。まあGoogle日本語入力は一度入力した言葉は候補に上がってくることが多いのでここまでしなくても良いのかもしれませんが、必要に応じてどうぞ。

まとめ

というわけでお使いのIMEの辞書に単語登録しておくと入力が捗るよ、というお話でした。Win7という若干古い環境での説明で恐縮ですが、Win8.1でもMacでも他のIMEでも同様の機能はあるでしょう。IMEの辞書機能を活用して、メール・ドキュメント作成・ブログの更新などに文書作成のスピードアップを図りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする