【感想】絵本「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」 | ネットタイガー

【感想】絵本「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」

くさばよしみ・編、中川学・絵「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」(汐文社)を読みました。妻がテレビ番組で本書の紹介を見て何やら感激したようで、即ネットで注文…といきたかったところですが、やっぱり同じように興味をもった方がいっぱいいたのでしょうね、なかなか手に入らず。昨日やっと届いた本がこちら。

「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」(汐文社)

青々とした背景が美しい表紙です。中央で鶏を抱いている老人が南米・ウルグアイのホセ・ムヒカ大統領。彼が2012年、ブラジルのリオデジャネイロで開かれた国際会議で、「幸福」について語ったスピーチが話題になりました。と書けば何となくそんな話題もあった、と思い出す方も多いのではないでしょうか。本書はそのムヒカ大統領が行ったスピーチを意訳し、子供向けの表現に編集して絵本化したものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「世界でいちばん貧しい大統領」感想

ムヒカ大統領は「世界でいちばん貧しい大統領」とのこと。給料の大半を寄付し、公邸には住まず、自ら古いフォルクス・ワーゲンを運転して公務に向かうそうです。そんな彼を国民は親しみを込めて「ぺぺ」と呼びます。

ムヒカ大統領によると、ウルグアイでは過去労働者が長時間働かされていたが、懸命な戦いの末、8時間、そして現在は6時間だけ働けば良いことになったそうです。しかしその結果、人々は6時間の労働の他にさらに別の仕事をしています。それは購入した商品のローンを払うため。そしてそれを繰り返して気づけば大統領自身のような老人となり、人生を終えていく。「これが人生のたどり着いた先か」-日本に住む私たちにも、何となく思い当たる話です。

ムヒカ大統領は語ります。社会が発展し人々が裕福になった。しかし大量消費社会はこの先も続くのか、そしてその先にあるものは何か。今むかえている危機の原因は「私たちの幸せの中身」。見なおさなくてはならないのは「私たち自身の生き方」なのではないだろうか、と。

ムヒカ大統領は何も「西洋消費社会はけしからん!原始時代まで戻ろう」と主張しているわけではありません。ただ「発展、幸福、そして『より良い生活』ってなんだろう」と問いかけます。本書を読んで、その内容にとても共感しました。ただ翻ってそれを今の生活に即反映できるかというと、難しいことも事実です。でも大事なことはスピーチの内容を振り返って自省したり、または家族や身近な人と考えたり話合ったりすること。そのきっかけとなるのがこの「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」であると思います。

魅力的な美しいビジュアル

そしてこの絵本のもう一つの魅力はビジュアル。中川学氏の描く絵が素晴らしい!色彩豊かにのびのびと描かれたイラストの数々。その美しさ・鮮やかさがスピーチの内容を読むものの心に印象づけ、また本を何度も見返したくなる、そんな相乗効果を生み出しています。

この「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」、絵本という体裁ですが、大人が読んでも楽しめる、いえ老若男女問わず読める絵本です。小学校低学年だとちょっと早いかな?ぐらいですが、10歳程度であれば内容は充分理解できるでしょう。書店の在庫状況は分かりませんが、2015年3月現在、ネットショップでは軒並み品切れになっているかと。また書店に並ぶようになってきたら、一度手にとってご覧になられてはいかがでしょうか。

ムヒカ大統領のWikiはこちら。経歴・政策・人物などなかなかユニークな方です。

ホセ・ムヒカ – Wikipedia

こちらもどうぞ

家族で楽しいひとときを。おすすめの「遊べる絵本」

【絵本】大人にも子どもにもおすすめ!家族で楽しめる絵本

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする