「天才探偵ミタライ」ドラマ化と原作「御手洗潔」シリーズおすすめ | ネットタイガー

「天才探偵ミタライ」ドラマ化と原作「御手洗潔」シリーズおすすめ

ミステリー作家・島田荘司氏の代表作の一つ、「御手洗潔」シリーズがフジテレビでドラマ化されました。

土曜プレミアム『天才探偵ミタライ~難解事件ファイル「傘を折る女」~』

私は小説第一作「占星術殺人事件」以来のファンなので、今回の映像化は嬉しいかぎり

この「御手洗潔」シリーズというのは占星術師にして探偵、そして極めつけの変わり者である「御手洗潔(みたらいきよし)」と、その助手である作家・石岡くんの活躍する推理小説。登場人物の立ち位置としては「シャーロック・ホームズ」形式ですね。シリーズを読み始めたのはかれこれ20年以上前ですが、ホームズが好きだったので一気にファンになってしまいました。

今回のドラマでは「御手洗潔」を玉木宏さんが演じられるとのこと。なるほど!イメージピッタリです。私の中の「御手洗潔」のビジュアルは島田荘司さんそのものなんですけどね。

テレビドラマの関係からでしょうか、最近書店で見かけたミタライシリーズは、表紙のビジュアルが何やら違いますね。若年層を意識しているのでしょうか。

「新潮文庫nex」というレーベルだから?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

既刊本を確認すると

今Wikipediaでシリーズの単行本を確認してみたら、スピンオフも含めて結構出ていますね。

  • 占星術殺人事件
  • 斜め屋敷の犯罪
  • 御手洗潔の挨拶
  • 異邦の騎士
  • 御手洗潔のダンス
  • 暗闇坂の人喰いの木
  • 水晶のピラミッド
  • 眩暈
  • アトポス
  • 龍臥亭事件
  • 御手洗潔のメロディ
  • Pの密室
  • 最後のディナー
  • ハリウッド・サーティフィケイト
  • ロシア幽霊軍艦事件
  • 魔神の遊戯
  • セント・ニコラスの、ダイヤモンドの靴
  • 上高地の切り裂きジャック
  • ネジ式ザゼツキー
  • 龍臥亭幻想
  • 摩天楼の怪人
  • 溺れる人魚
  • UFO大通り
  • 犬坊里美の冒険
  • 最後の一球
  • リベルタスの寓話
  • 進々堂世界一周 追憶のカシュガル
  • 星籠の海 The Clockwork Current

太字は私が既読のものです。最近の本はなかなか追えていないな…。今回ドラマ化された「傘を折る女」は「UFO大通り」に収録されているそうで、またチェックしてみよう。

シリーズでおすすめの本

個人的なオススメとしては「占星術殺人事件」「御手洗潔の挨拶」「暗闇坂の人喰いの木」でしょうか。

劇中で津山事件を描いた「龍臥亭事件」も独特の雰囲気があって良いですね。「御手洗潔の挨拶」は短編集で、「数字錠」「疾走する死者」「紫電改研究保存会」「ギリシャの犬」を収録しています。「数字錠」は短編でありながら御手洗潔の魅力が詰まった、ちょっと人情味のある話で好きなんですよね…。

この「御手洗潔」シリーズ、中期以降の長編は劇中劇のボリュームが結構あって、多少の好き嫌いはあるやもしれません。ただ先に挙げた「占星術殺人事件」は今や推理小説の古典とも言っていいぐらいの小説。ミステリー好きで未見の方は、一度手に取ってみられてはいかがでしょうか。とか書いてるとまた何か読みたくなってきた。「溺れる人魚」が短編で読みやすそうだから攻めてみようか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする