どんだけ~!「IKKO 心の格言200」は男女問わずオススメの格言集 | ネットタイガー

どんだけ~!「IKKO 心の格言200」は男女問わずオススメの格言集

IKKO 心の格言200

エムオン・エンタテインメントから発売されている「IKKO 心の格言200」を読みました。こちらは「andGIRL(アンドガール)」という雑誌に連載されていたIKKOさんの格言を単行本化したもの。ちなみにこの「andGIRL」、サイトでは『アラサーになっても、仕事ができても、結婚しても、「ガール」な大人たちへ!andGIRL(アンドガール)の公式サイト。』と説明されています。このターゲットに当てはまらない私が何故この本を読んだのか?それは年末(多分年末だったと思う)に見た特番で、IKKOさんの活動がドキュメンタリー形式で紹介されていたからです。

IKKOさんと言えばテレビで「どんだけ~!」を決め言葉にしているタレントさん、という認識だったのですが、「美容家」としてものすごく活躍されているのですね。韓国で絶大な信頼と人気を誇るIKKOさん、その番組のとあるシーンではクライアント(韓国の美容製品会社)に対し、開発中の製品の問題点を即時に指摘し、そして的確な改善案を提示していました。「これは経験とそれに裏打ちされた自信が無いとできないな…!」といたく感心したのを憶えています。そしてメイクや服飾品・アクセサリーなど「美」に対するこだわり。いつものバラエティとは違った姿を目にすると同時に、バラエティでのIKKOさんは「テレビという媒体で自分の役割を演じきるプロ」であることに気づきました。美容家としても、またTVタレントとしても『プロフェッショナル』であるその生き方・仕事に対する真摯な姿勢に感銘を受け、本書を手にとりました。

ええ、テレビにノセられているのは充分自覚しております(笑)。でもこの本を読み終わって、IKKOさんのマインド、生き方に対する強い思いを期待していた以上に感じることができました。前置きが長くなりましたが、以下書籍の内容をご紹介。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

IKKOさんのプロフィールなど

まずは本書よりIKKOさんのプロフィールを簡単に。

  • 1962年生まれ。
  • 19歳から8年間、高級美容室で修行。
  • ヘアメイクアップアーティストとして独立し、30歳の時に事務所「アトリエIKKO」設立。
  • 42歳の時に情報番組に出演したことで美容家として注目を浴びる。
  • 以降、メディア出演以外に商品開発・執筆・公演・プロデュース業など多方面で活躍。

もともとは「ヘアメイクアップアーティスト」をされていたのですね。現在の肩書としては「美容家」でしょうか。本書は「美容の格言」「仕事の格言」「恋愛の格言」「お金の格言」「人生の格言」の五章に別れ、その中に合計200の格言があります。その中で気になった格言をいくつかご紹介。

本書の格言より

IKKO 心の格言200

「髪は成功の象徴。」(「美容の格言」より)

他人は自分を「金になるかどうか」で見ている、つまり値踏みされている。安く見られたくなければ「髪」に気をつけなさい、とIKKOさん。他の格言で爪のキレイさにも触れられていますが、人と対峙する時は外見に気を払うことが大事、それが成功の第一歩、ということですね。

「1日3回は笑わなきゃ。」(「美容の格言」より)

余裕の無い人が鬼気迫る目つきで失っているものは結構多い。笑うだけで心は前向きになれる。本当は1日15回ぐらい笑った方がいいけど、せめて3回は笑おう、とIKKOさん。確かに「笑い」が無いと自分も周りもギスギスしてしまいます。無理にでも笑うと心に余裕ができて、物事が好転する可能性が広がります。

「1回捨てること。」(「美容の格言」より)

(ヘアメイクの話で)「自分」が強すぎる人はそれまでの自分を崩せないから前に行けない。1回捨てるものは捨てないと次の美しさが始まらない。そして捨てた所から新しい工夫が生まれる、とIKKOさん。これはヘアメイクとそこから生まれる美しさの話ですが、何にでも当てはまること。自分を変えたい、変わりたい、と思う時は、それまでの考えや古い習慣に固執せず、一度捨てる覚悟を持たないと変われない。

「足元の成功を積んでいくこと。」(「仕事の格言」より)

仕事で先のことばかり考えているのは浮ついているのと一緒。今日の目標もクリアになっていないのに来年の夢を語ったって仕方がない、地に足ついた仕事ぶりが数年後に差となる、とIKKOさん。一日一日の積み重ねが将来大きく出る。千里の道も一歩から、でしょうか。地道にキャリアを積んできた方ならではの言葉の重みがあります。

「個性とは頭の中の世界観。」(「人生の格言」より)

いつも頭の中で何を思っているかがその人のオーラとなってあらわれる。頭の中を常に美しいものや成功のイメージで満たしなさい。その蓄積された美学があなたの個性、とIKKOさん。何も考えていなかったり、マイナスなイメージばかりを考えていると、それは人の表面に出る。常にプラスなことを考えることで自分を輝かせる、それがこそが自分の「個性」。

広告

まとめ

以上、200の格言から5つをご紹介しました。普段バラエティに出演されているIKKOさんからはあまり想像できませんが、苦労・挫折・挑戦、そして地道な努力で築き上げてきたキャリアから生まれる、心に響くメッセージ。仕事や生き方、そして「美」に対する自信と誇りをひしひしと感じます。書籍自体も丁寧なつくり。カラー写真をふんだんに使用し、美を追求したIKKOさんの姿を数多く掲載。不思議なもので、美しいものを見ると言葉に説得力が生まれます。書籍巻末の注釈によると「衣装は全て本人私物」とのこと。なるほど、流石のこだわり。

格言の内訳ですが、「美容:80」「仕事:30」「恋愛:30」「お金:30」「人生:30」です。美容+恋愛という、どちらかと言えば女性向けの内容で半分強のウェイトですが、男性の私でも充分に得るものがありました。美容に関することでも、その根本にある姿勢は人生観や仕事観に活かせるものばかりです。もちろん女性ならダイレクトに参考になることが盛りだくさん。メイクの一つ一つに理由や戦略があるんですね。というわけで男性にも女性にもオススメの「IKKO 心の格言200」。これからも手元において見返したいと思える一冊でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする