京都水族館でオオサンショウウオに会ってきた | ネットタイガー

京都水族館でオオサンショウウオに会ってきた

2012年開業でまだまだフレッシュな水族館、「京都水族館」に行ってきました。JR京都駅から歩いて10分ちょっと、梅小路公園内に建設された内陸型水族館です。実は京都に行くのも約10年振り。久々に京都の空気が吸えると思うと嬉しかったり。

京都水族館

こちら、「京都水族館」です。なかなかキレイな建物。青い空に良く映えます。館内は「京の川ゾーン」「かいじゅうゾーン」「ペンギンゾーン」「大水槽海洋ゾーン」「交流プラザ」「イルカスタジアム」「山紫水明ゾーン」「京の里山ゾーン」の9つに大きく分かれているとのこと。では早速入ってみましょう。

Just another WordPress site
スポンサーリンク
スポンサーリンク

オオサンショウウオに出会う

この水族館の目玉の一つ、国の特別天然記念物である「オオサンショウウオ」。入り口を入ってすぐ、「京の川ゾーン」にていきなりお出迎えです。

オオサンショウウオ

デカっ!右は息子の手。大きさが伝わりますでしょうか。巨体が川を模した水槽の中をゆらゆらと這いずります。

オオサンショウウオ

オオサンショウウオの顔のアップ。あ、目があるんだ…。なんともすっとぼけたカワイイお目々です。口が開いたところも見たかったな。しかしこのオオサンショウウオ、一匹だけしかいませんでした。そりゃ天然記念物だからそんなに数はいないよね…と水槽の端に目を転じたところ…

オオサンショウウオ

ぬわっ!こんなに重なってる!もしもし、下の人、生きてるー?いや、このボリュームは筆舌に尽くしがたい。下の方のオオサンショウウオは手足だけピクピクしてました。これを見るだけでもここに来た甲斐があった(笑)。それでは以降、京都水族館の館内をざっくりと。

かいじゅうゾーン

かいじゅうゾーン

「かいじゅうゾーン」。「怪獣」ではなく「海獣」ですね。オットセイやゴマフアザラシを展示しています。水槽前の広めのスペースにベンチやテーブルが設置されており、休憩スペースにもなっております。ここでお弁当にしました。

オオサンショウウオまん

お弁当の後のおやつ。売店で買った「オオサンショウウオまん」。330円となかなかのいいお値段。ふんわり生地に餡が詰まっていて、結構おいしかったです。

ミナミアメリカオットセイ

まだ生後一年経っていないミナミアメリカオットセイの「てまり」ちゃん。水槽上の丸太に寝そべっていました。あどけない顔がカワイイのです、これが。

その他ペンギンゾーン・大水槽海洋ゾーンなど

ペンギンゾーン

「ペンギンゾーン」にて水槽でダイバーのお姉さんが餌をあげていました。水中で直に餌を食べさせているのは初めて見ました。

大水槽海洋ゾーン

「大水槽海洋ゾーン」。幻想的な水槽。写真下、エイがいます。水槽前でプロジェクションマッピングなどもしていました。

ケープペンギン

再び「ペンギンゾーン」。京都水族館で展示しているペンギンは「ケープペンギン」です。「コウテイペンギン」も迫力があっていいけどこの「ケープペンギン」、程よいサイズで愛嬌たっぷり。ピョコピョコ歩く姿がなんとも言えません。

お楽しみイルカショー

イルカショー

水族館の定番になりましたね。イルカショー。4頭のイルカと6人のお兄さん・お姉さんによるショーです。迫力のあるジャンプ!の瞬間が撮れました。こちらのショーは派手なアクションとより身近にイルカを感じることができる、アットホームな雰囲気。イルカの鳴き声がいっぱい聞けました。ところで京都水族館のスタジアムからは新幹線と五重の塔が見えます。京都どすなぁ。

京漬物ドッグ

ショーの後はおやつ。写真は「京漬物ドッグ」。ホットドッグの上に京都の漬物「すぐき」が盛りつけられています。これは京都水族館でなければ食べられない(笑)。食べた感想は…私「ソーセージがうまい」妻「漬物がうまい」。あんまり一緒に食べるもんじゃないですよね(笑)。まずくはないですよ。ま、ネタということで。

おみやげもオオサンショウウオ

オオサンショウウオぬいぐるみ

そしておみやげコーナー。写真はオオサンショウウオぬいぐるみLLサイズ。約90cmで2,880円。これ、写真ではわかりませんが、結構手触りがいいのです。息子がいたく気に入って買いたそうだったのですが、「ホコリが立つからアカン!」という妻の一声で却下。実は私もちょっと欲しかった…。約170cmの超特大サイズ(25,720円)もありましたのでご興味のある方は是非。

オオサンショウウオぬいぐるみ

壁一面を覆い尽くすオオサンショウウオ達。いつかまた会おう!

まとめ

というわけで京都水族館へ行ってきた感想でした。水族館といえば海辺に立地しているものですが、海に面していない街中の内陸型水族館というポジションがおもしろいですね。展示内容はこじんまりと丁寧な感じ。派手さはありませんが工夫で勝負、というところでしょうか。オオサンショウウオは一見の価値あり、です。今回は水族館目当てで来ましたが、京都へはまた清水寺を見に訪れたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする