子供の病気。小児科の休診を確認しておくと安心 | ネットタイガー

子供の病気。小児科の休診を確認しておくと安心

本日夕方~夜にかけて、息子が「お腹が痛い」というので病院へ行きました。結果からいうと、軽度の胃腸炎とのこと。大事には至らず安心したのですが、病院へ行くまでに紆余曲折が。実は居住地域の小児科が、軒並み「木曜午後休診」だったのです。普段お世話になっている小児科が2つあるのですが、診察券を確認したところいずれも休診。ネットで検索にひっかかった近隣病院も同じく休診でした。

そんな中、わりと近めの場所で木曜も診療している小児科が情報サイトに掲載されていたので、そこに行こうと準備。家を出たところでふと思い立ち電話をかけてみたところ、「今日は休診です」とのお返事。ネットの情報が古かったようです。慌てて家に帰り再検索。ちょっと遠いけれど木曜午後も診療している病院があったので、電話で対応可能か確認した上で診てもらいました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

小児科の休診日、どのように決まっている?

「何で木曜日休診のところが多いのかな?」と思いググってみたところ、地域医療の取り決め、公的機関で医療対応しているから、学会があるから、など諸説紛々で、これといった結論には行き当たりませんでした。地域によっては木曜日以外に休診が重なっているところもあるようです。

近隣の小児科の診療日・時間を確認

本日お伺いしたクリニックのように、必ずしも地域で休診日が決まっているわけではありませんし、最近は救急以外でも土・日終日対応している小児科も増えてきていると思います。しかし本日、休診日の重なりでてんてこまいしたことから、「近隣病院の休診日を把握しておく」「事前に電話で受診可能か確認する」といったことが大事だと感じました。特に小児科の情報は重要です。大人であればある程度のことは臨機応変に対応できますが、子連れで病院まで行って閉まっていた、なんてことがあれば途方に暮れてしまいます。

とはいえ、昔に比べたらネットがある分、情報は手に入りやすくなっているのでしょうね。電話番号がすぐわかるだけでも大変ありがたいです。今回のケースのように「ネットの情報は古いこともある」ので絶対ではありませんが、ある程度は事前に調べてまとめておくと、緊急時も落ち着いて対応できるのではないか、と思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする