感想「MASTERキートン Reマスター」浦沢直樹+長崎尚志 | ネットタイガー

感想「MASTERキートン Reマスター」浦沢直樹+長崎尚志

紙の漫画を発売日に購入したのなんて、いつ以来だろうか…。というわけで本日購入&読了、浦沢直樹+長崎尚志「MASTERキートン Reマスター」です。「MASTERキートン」最終巻(18巻)は1994年に初版を買ったので、実に20年ぶりのキートン新刊購入。感無量です。

f:id:naox21:20141128161826j:plain

しかも豪華版の方…!お金ないのに…!2012年から不定期連載されていたものが単行本になったとのこと。私はビッグコミックオリジナルは読んでいないので初見です。全8編収録。

逢えないと思っていた主人公に再び逢えると嬉しい

先日こんなエントリーを書きましたが、また一つ嬉しい出会いとなりました。では感想など。ネタバレ無しです。

※個人の感想であることを予めご了承ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

感想

表紙を見てもお分かりの通り、白髪まじりのキートン先生。飄々とした雰囲気は前作のまま。少し痩せたかな。各話のストーリーは歴史や社会情勢と密接に絡み、う~ん、これぞMASTERキートン!なクオリティです。

しかしこの「20年後のキートン」、多少のパワーダウンをしつつも、20年という時を経て成熟した一人の男になっているのではないか、と期待していましたが、相変わらずのキートン先生でした(笑)。お人好しで人間くさく、考古学に静かな情熱を燃やしつつも、元SASの教官として体を張ったアクションをこなす大人のヒーロー。多少の外観の違いはあれど、「Reマスター」でも根は変わらず、ですね。むしろちょっと軽くなっているような気もします。

そして本書後半になるに従って、徐々に「20年の時を経たキートン」が見えてきます。父親として娘を思うキートン。若きSAS時代の仲間を通して照らしだされる大人になったキートン。そして学問の壁に悩むキートン…。自分の何となくイメージしていた新しい「MASTERキートン」に近づいてきたようで、とても嬉しく感じました。

思えば前作終了から約20年、書き手の方も何となく探りさぐり、新しいキートン像を作り上げていったのかな、と勝手に思っています。本書は特にナンバリングはされていませんが、内容的にはまだまだ終わったわけでは無さそう。次巻の発売、そして新しいキートンのゴールに期待がふくらみます。

ふと考えると私も前作のキートンと同じぐらいの歳になりましたが、また一気に20年抜かれてしまいました(むしろ百合子と同じぐらい?)。「達人(マスター)」とは程遠い自分ですが、いつの日かキートン先生のようなマスターになれるだろうか…?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする