逢えないと思っていた主人公に再び逢えると嬉しい | ネットタイガー

逢えないと思っていた主人公に再び逢えると嬉しい

つい最近、本屋で見かけたこの書籍。

文春文庫「さよならの手口」。へー、若竹七海氏の新刊出たのか。手にとってみると…、おおっ!これは!女探偵「葉村晶」シリーズの新作じゃないか!しかも文庫書き下ろし!

…失礼ながらあまりメジャーな作品ではないと思うのでご存知無いかもしれませんが、私、若竹七海氏の作品、取り分けこの葉村晶シリーズが好きなのです。女性探偵の活躍するちょっとブラックなハードボイルド、という感じでしょうか。短編集「プレゼント」「依頼人は死んだ」に続く長編「悪いうさぎ」から13年!まさか彼女にもう一度会えるとは思っていませんでした。実に嬉しい出会いでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

過去にも嬉しい再会があった

思えば過去も、もう逢えないと思っていた主人公に出会うことが度々あり、そのたびに驚きと喜びに震えたものです。

原りょう氏の探偵シリーズ主人公、沢崎。

こちらは2004年発売。前作「さらば長き眠り」より9年ぶり。内容は今ひとつでしたがw。

高千穂遙氏のクラッシャージョウシリーズ。

こちらは前作「ダイロンの聖少女」より8年ぶり。2013年発売。

諸星大二郎氏の妖怪ハンターシリーズより稗田礼二郎。

2014年発売。前作「魔障ケ岳」より9年ぶり。
※2009年の単行本「闇の鶯」に1編だけ登場あり。

などなど。マニアックな話ですみません。どの作品もスパンが10年近くあり、「もうこのシリーズは読めないな」と思っていたものばかりなのですが、書店で続編を見かけると「お!」と嬉しい驚きがありました。好きだったシリーズの続きを描いてくれた作者様に感謝です。

あなたの好きな主人公も、ひょっとして…

皆さんが好きだったあのシリーズ、あの主人公も、実は続編が出ているかも?探してみると懐かしい出会いがあるかもしれませんよ。

【追記】
ついでに高村薫氏の合田雄一郎シリーズも調べてみたら、「レディ・ジョーカー」から12年経って新作出てたんですね。

こちらは12年ぶり。

さらに3年後。

ハードカバーだったからノーチェックだった(高村氏の本はなかなか文庫化されない…)。今度読んでみよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする