【感想】野沢尚「リミット」 | ネットタイガー

【感想】野沢尚「リミット」

f:id:naox21:20141017165237j:plain

野沢尚氏の小説「リミット」を読了しました。元々は1998年に単行本化された作品です(文庫化は2001年)。ドラマ化もされました(私はドラマ未見)。感想としては「非常におもしろかった!」ですが、人に勧めるかというと、ちょっと躊躇します(理由は後述)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あらすじと感想

警視庁捜査一課の有働公子は7歳の息子と二人暮らし。とある幼児誘拐事件にて犯人より身代金の要求があり、母親として電話対応を担当する公子。しかし犯人側は公子の息子を誘拐。身代金の運搬役に彼女を指名し、警察の目を欺くことを秘密裏に要求。かくして息子の命を救うため、母のたった一人の戦いが始まる…。

…というストーリー。公子の孤独な戦いと、息子の命のタイムリミットに手に汗握るエンターテイメント。そして何より「母親の強さ」を強く感じました。謎解きをする話ではありませんが、進行に従って徐々に読者の予想しない全貌があきらかになっていくというミステリー要素も。また人身売買という社会問題にも切り込み、ただのエンタメ以上の作品になっています。

この物語のもう一つの魅力は犯人グループ。決して共感はしないけど、悪には悪の理屈がある(と、野沢さんは描いているように思える)。悪逆非道な犯人たちは読者としては憎んでも憎みきれない存在なのですが、どことなく輝きを持っている、ところもあるような(いや、決して共感はしないですよ)。

そして物語のキーワードは「母」。これは「母の物語」です。主人公・公子が母だからというだけの理由ではなく、物語全般から母の強さ、優しさ、そして葛藤を強く感じます。詳しく書くとネタバレになりそうなのでこの辺で。

オススメしたいけど…

というわけでお母さんに読んで欲しい小説…と書きたいところですが、実はあまりオススメしません。犯罪の手口が生々しく、ショッキングな部分もあるからです。私も物語を楽しみつつも、心に暗い澱のようなものが溜まるのを感じました。耐性のある方には是非読んでいただきたい。

野沢尚さんの作品は本作含め、「深紅」「魔笛」を読みました。どれも迫力・読み応えのある小説でした。しかし野沢氏は2004年に44歳の若さで急逝されています。それから10年。今も筆を執られていたら、もっともっと、良い小説を書かれていたことでしょう。もう氏の新作を読めないと思うと、非常に残念です。

【小説】がっつり読みたいおすすめ長編小説(エンタメ系)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする