【感想】桜木紫乃「ホテルローヤル」 | ネットタイガー

【感想】桜木紫乃「ホテルローヤル」

f:id:naox21:20141012203535j:plain

いまさらですが、ずっと積ん読になっていた桜木紫乃「ホテルローヤル」を読了しました。第149回直木賞を受賞している作品です。読み始めたらあっという間。非常に味わいのある、おもしろい小説でした。

本作はラブホテル「ホテルローヤル」を舞台にした短編集。収録作品は「シャッターチャンス」「本日開店」「えっち屋」「バブルバス」「せんせぇ」「星を見ていた」「ギフト」の7編です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

感想

各話の主人公達は、誰も彼も幸せな境遇にあるとは言いがたい人間ばかり。挫折を抱えた恋人にヌード写真の撮影を迫られる事務員、貧乏寺の窮状を自らの体で支える住職の妻、ホテル廃業を迎える女性経営者、妻の不倫に衝撃を受ける高校教師…。

しかしともすれば暗くなりがちな設定は、淡々とした描写によって、悲哀とユーモアが交じり合った独特な空気を感じさせます。特に前述の高校教師と、彼の教え子であるちょっと問題をかかえた女子高生の交流を描く「せんせぇ」。妻の裏切りに打ちのめされた教師が教え子に疎ましさを感じつつ、やがて心を通わせていく過程が何とも心に染み渡る。

「性」の営みを象徴する「ラブホテル」という建物を舞台に、人々の「生」を感じさせる短編集「ホテルローヤル」。読後にせつなくも良い余韻を残してくれる小説でした。

こちらもどうぞ

【感想】桜木紫乃「誰もいない夜に咲く」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする