スカした空気がたまらないSFコミック ―たがみよしひさ「GREY(グレイ)」 | ネットタイガー

スカした空気がたまらないSFコミック ―たがみよしひさ「GREY(グレイ)」

かつて徳間書店から出版されていた「月刊少年キャプテン」。ご存知でしょうか?「キャプテン」自体は知らなくても、「強殖装甲ガイバー」や「宇宙家族カールビンソン」が連載されていた雑誌、と言えば思い出す方もいるでしょうか。今はビッグコミック系で活躍されている星里もちる氏なども連載をされていました。

さて、そんな「キャプテン」で私が特にインパクトを受けたマンガが、たがみよしひさ氏の「GREY(グレイ)」。1985~1986年にかけて連載されていました。今となっては雑誌掲載時だったか単行本だったかが定かではないのですが、初めて目にした時、グレイがナゴシ(巨大空中要塞?)から放り出されるシーンに、目が釘付けになりました。

え?これ主人公だよね?この後、普通死ぬよね?どーなるの??

もう気になって仕方がない。私が単行本1巻をすぐレジに持っていったのは言うまでもありません(単行本派なので)。

※上記のシーンは当時の2巻に収録、だったと思います。

当時GREYは全3巻で完結しましたが、近年、ぶんか社より上下巻で文庫版発売。今年に入って、電子書籍化されました。で、懐かしさのあまり、電子書籍版を購入した次第。以下、簡単なあらすじなど。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あらすじと感想

荒廃した世界で「町(タウン)」に住む人々。日々の暮らしにも事欠く彼らは、「市(シティ)」で生活を保障された「市民(シチズン)」となるべく、「戦士(トループス)」に身をやつし、タウン同士の戦いに明け暮れる―。そんな世界で、トループスとなった恋人を亡くし、自身もトループスとなったグレイ。その驚異的な生還率からついたあだ名は「死神グレイ」。しかし戦闘を繰り返す内にタウンやシチズンに疑問を持つように。やがてタウンに反抗する地下組織(レジスタント)と相まみえたグレイは―?

―ってな感じで物語は展開されます。
もう「死神」とかいう異名は、当時学生だった私にはイチコロなキーワードでした(笑)。ゾクゾク来ます。

設定は今となってはありがちと言えなくもないですが、たがみ氏の描くちょっとスカした(死語)キャラクター、若干アジアンテイストの入った独特なメカ描写が魅力的な、今読み返しても楽しめる、良SFコミックです。

もう一つのGREYの、またはたがみ作品共通の魅力は、その洒脱な会話。ともすればちょっと痛々しくなりそうなセリフを、いい感じにカッコイイラインに留める。この辺がたがみ氏のセンスの光るところで、当時の中二病真っ最中のお兄ちゃん達の心をわしづかみ(私のこと)。

後半は割りとびっくりー、な展開(下巻の表紙で想像してください)ですが、懐かしくも色褪せない、良い感じのSF。巻数もこじんまりとまとまって、未読の方も再読の方も、手を出しやすいのではないでしょうか。夏休みのおともにどうぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする