ダークな空気がプンプンでたまらない―小池ノクト著「蜜の島」

ダークな空気がプンプンでたまらない―小池ノクト著「蜜の島」

本記事の内容は下記サイトへ移動いたしました。

大きな目をした少女が特徴的な表紙。以前から気になっていたモダン・ホラー、小池ノクト作「蜜の島」を読みました。全体的に黒を貴重とした絵柄。戦後間もない日本に漂う、昭和初期のどんよりしたダークな空気がプンプン臭ってきてたまりません。公式サイトで