読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットタイガー

おすすめの漫画・家族の日常などつらつらと。

Kindle Unlimitedで読める5巻以内で完結済みの漫画

漫画

Kindle Unlimitedのコミックジャンルってどう?

8月3日からAmazonの電子書籍読み放題「Kindle Unlimited」がはじまりましたね!

Amazon Kindel Unlimited

月額980円で対象の電子書籍が読み放題になるサービスですが、登録後30日以内ならば無料で楽しめるということで早速登録。おもしろそうな本、読みたかった本をチェック・ダウンロードして楽しんでいます。

そして漫画好きとして気になるのは漫画(コミック)のラインナップ。ジャンルで絞込をしたところ、サービス開始直後は約4000冊が読み放題対象となっているようです。さて、どんな漫画が読めるかのぞいてみようか…。うーん、ビミョー(笑)。おもしろそうな漫画も結構あるのですが、すごい探しにくいですね。「青年コミック」とか「女性コミック」で探すと成人向けのがいっぱい出てきて、求めるものとちと違う。

そんなコミックジャンル、なんとか読みたい漫画がないかと必死こいて探したので、個人的に興味を持った漫画や実際に読んでおもしろかった漫画をリストアップしました。最初の1~2巻だけ無料というよくあるものではなく、全5巻以内で完結済み、忙しいあなたがサクッと読めるものばかりです(※短編集も含みます)。

なお、下記に挙げた漫画がKindle Unlimitedサービスの対象である期間は不明ですので、ポチるときはご注意を。

鈴木みそ「限界集落(ギリギリ)温泉」 

限界集落(ギリギリ)温泉第一巻

限界集落(ギリギリ)温泉第一巻

 

全4巻。Amazonの電子書籍サービスということでこれははずせない!Kindle電子書籍化で作者・鈴木みそ氏の名を一躍有名にした漫画。さびれた温泉宿に流れ着いたゲームクリエイターが、落ち目のコスプレイヤーとオタクたちを巻き込んで温泉の再生を図るという(広義の)ビジネス漫画。作りとしては粗い部分もありますが、勢いがあっておもしろいですよ。

鈴木みそ「ナナのリテラシー」 

ナナのリテラシー1 (Kindle Single)

ナナのリテラシー1 (Kindle Single)

 

全3巻。切れ者女子高生と天才?コンサルタントはマンガ・ゲーム業界に革命を起こすか?「限界集落温泉」電子書籍化の裏側、そしてその後が漫画家「鈴木みそ吉」を通して描かれていて実に興味深い(※一応フィクションとして)。ところで二巻で描かれるゲーム業界の話の中で、マップゲーの開発について「そんなものグーグルかアップルにしかできんわ」という開発会社社長の言葉。Googleが関連しているポケモンGOがヒットしている現況と重ねあわせて読むとなかなかおもしろい。

手塚治虫「ジャングル大帝」 

ジャングル大帝 1

ジャングル大帝 1

 

全3巻。ジャングルの王者の子供・レオの生涯を描く動物ロマン。であるとともに「月光石」の謎に挑む冒険漫画でもあります。終盤・魔の山に挑むレオと人間たちの描写が大好き。

手塚治虫「アドルフに告ぐ」 

アドルフに告ぐ 1

アドルフに告ぐ 1

 

全5巻。もいっちょ手塚治虫。終戦直後の日本を舞台に、ヒットラーの出自に翻弄される二人のアドルフと一人の日本人を描いた歴史フィクション。少年漫画の巨匠ともいえる作者のイメージを大きく塗り替える名作漫画。

続きを読む

滋賀・長浜の「海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館」に行ってきました

旅行・お出かけ

海洋堂のフィギュアを多数展示したコンセプトミュージアム

びわ湖旅行への一環として訪れた滋賀・長浜の黒壁スクエア。この一角に超有名フィギュアメーカー・海洋堂のフィギュアミュージアムがあります。

www.ryuyukan.net

公式サイトはこちら。「海洋堂」といえば主にガレージキットの制作・販売をしている会社ですが、アニメ・特撮フィギュア以外にも食玩や恐竜・生物など幅広い立体物を高いクオリティで作り続け、マニアックな分野ながら比較的一般にも知られている会社です。

私も学生だった頃、海洋堂のガレージキットはエヴァンゲリオンやパトレイバーなどのフィギュアをいくつか買いました。社会人になってからはチョコエッグやコンビニ飲料のオマケフィギュアを集めたりしましたね。今回の旅行で妻から「長浜の黒壁スクエアに海洋堂のフィギュアミュージアムがあるよ」と聞き、フィギュアを集めていたころの気持ちが再燃。これは行かねばなるまい!と固く決意し、家族での来館となりました。

海洋堂フィギュアミュージアム入館

f:id:naox21:20160801170807j:plain

JR長浜駅より東方面へ。黒壁スクエアの町並みを楽しみながら歩いて行くと、海洋堂フィギュアミュージアムに到着。ケンシロウ・大魔神の等身大フィギュアがお出迎え。入り口の上にはドラゴンがいます。

f:id:naox21:20160802090637j:plain

入館すると海洋堂製のフィギュア販売コーナーが。この反対側にはお菓子やアクセサリーなどのおみやげコーナーがあります。

f:id:naox21:20160802090735j:plain

販売コーナーを抜けるとティラノサウルスがお出迎え。でかい!

f:id:naox21:20160802090826j:plain

2Fが海洋堂フィギュアを展示しているミュージアムです。受付の方に聞くと館内撮影OKとのこと。

f:id:naox21:20160802090914j:plain

チケットを購入。大人800円・小人500円なり。

f:id:naox21:20160802090954j:plain

入館記念としてミニフィギュアがもらえます。上のようなガチャガチャが6種類。もらったコインを好きなガチャガチャに投入してフィギュアゲット。

f:id:naox21:20160802091058j:plain

妻はFAIRY TALESフィギュアより赤ずきんをゲット。私と息子はペンギンです。カワイイ。

f:id:naox21:20160802091218j:plain

こちらは海洋堂フィギュアミュージアムの案内チラシ。

f:id:naox21:20160802091256j:plain

フィギュアの塗装やジオラマが作れる体験コーナーもあります(有料)。

続きを読む

滋賀県長浜の「黒壁スクエア」に行ってきました

旅行・お出かけ

長浜のレトロな魅力「黒壁スクエア」

びわ湖へのお出かけの一環として、滋賀県は長浜市にある「黒壁スクエア」に行ってきました。

www.kurokabe.co.jp

公式サイトはこちら。長浜市の旧市街にあるレトロモダンな町並みを楽しめる観光スポットが「黒壁スクエア」です。「長浜」の名前はテレビ等で時折耳にしますが、実際に訪れるのは初めて。楽しみです。

JR長浜駅より

f:id:naox21:20160801162314j:plain

黒壁スクエアはJR長浜駅より歩いて数分に位置します。長浜駅を下車すると豊臣秀吉と石田三成の銅像がお出迎え。右が少年・三成です。

続きを読む

日本で一番大きい湖で泳ぐ-琵琶湖へ行ってきました

旅行・お出かけ

家族で滋賀県の琵琶湖へ

久しぶりの更新です。家族で琵琶湖へ行って参りました。何をしに?それは「日本で一番大きい湖で泳いだ」というステータスを得るためです(笑)。私は関西人ですが琵琶湖へ行ったのは人生で軽く二度ほど。もちろん泳いだことなどありません。息子が夏休みということで、レジャーがてら兵庫から足を伸ばして行ってみました。

京都で腹ごしらえ

…と、その前に京都で腹ごしらえをすることに。

f:id:naox21:20160731205532j:plain

やって来ましたJR京都駅。ここ、好きなんですよね。空間の広がりがたまりません。

f:id:naox21:20160731205625j:plain

食事を取るのは京都駅ビルの10Fにある拉麺小路(らーめんこうじ)。北は北海道から南は博多まで、多種多彩なラーメンが揃っています。

続きを読む

ラストが印象的な小説

小説・書籍

 読後の余韻がある小説

ミステリーやホラーなどエンタメ系の小説を良く読みますが、これまでに読みきった小説からラストが印象深いものをご紹介。ネタバレは極力しないように気をつけますが、内容的にネタバレっぽくなってしまったらゴメンナサイ。

「火車」宮部みゆき

拙ブログでも何度か紹介しておりますが、私が宮部みゆきの最高傑作と信じる一冊。クレジットカードの普及を背景に、行方をくらませた女性を休職中の刑事が追う様子を丹念に描いたミステリー。

ラストを読んで一番はじめ感じたのは「え、そこで終わりなの?」という驚き。ミステリーって「事件発生→推理(途中経過)→解決→大団円」が基本的なパターンだとは思うのですが、読者の期待を見事に裏切った最後。でも「火車」はその特異なラストが「これまで」を浮き彫りにし、「その後」に対する読者の想像を掻き立てます。最後の強烈なインパクトにより、いつまでも忘れられない一作。

「ルピナス探偵団の当惑」津原泰水

もともとは少女向けの文庫に書き下ろされた二編を全面改稿、新たに新作一編を加えた「ルピナス探偵団」シリーズの第一作。オススメはその新作「大女優の右手」。女優が舞台で絶命し、その後遺体が消える。見つかった時には彼女に右手は失われていて…という謎を少年少女が解き明かすという寸法。

この「大女優の右手」はラストの一行が本当にすごい。ちょっと鳥肌が立つぐらい。作者はこの一行が書きたかったんじゃないかな、と勝手に想像。そしてそのラストから少し遡って本編を読み返すと、より物語の深さが浮き出てくる。何度読んでも飽きない一編です。

続きを読む